2017年5月27日土曜日

「1984」を笑うことが出来るか

さてと

新天地はとある私立の法学部出てます。

私学の法学部ってのは割に「リベラル」な感じがしないでもない。
東大とかの先生はどっちかというと政府よりだがw
私大の教授はリベラルな気がする。(勝手な感想です)

法律ってのは、もちろん政府が国民を「縛る」効力があるのだが、それでは国民が
不幸になるということで、「国を縛る」ためのものでもある。

端的に言えば、例えば「○○をしたら死刑になる」って法律は「国民を縛る」ものでもあるが、逆に言えば「○○」って羅列されたことをしなければ決して死刑にはならない。罪刑法定主義と言います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方、権力に対するもう一方の「力として」マスコミがあります。

マスコミは本来「反権力」であるべきだと思うのです。
権力におもねるなら、マスコミに存在価値はない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いま、どこかの国になんとかいう政権は、国民を強く縛る法律を制定しようとしています。

とこ彼の国の一部のマスコミはそんな政権におもねり、政権が投げてくれた「スキャンダル」という餌に飛びつき尻尾を振っています。

その政権は、経済運営がうまく行ってるらしく、支持率も高い。
なので何をやってもいいと思っているようで、「お友達」たちは傍若無人に振る舞います。

まるでどっかの占い師の国のようですね(*^^*)/

そもそも「景気を良くする」なんてのは政府の当たり前の仕事です。
景気よくしてやったから、なんでもしていいんだ、ってのは間違いです。当たり前ですが。

どうやらそういうことを忘れて調子に乗っている政権。
その政権が続くことを前提に株が上がってきたと。

政権潰れたら株下がるなあ、と思って空売りする投資家だって居ていいと思うんですよね
(なんだそりゃw)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
トランプ大統領の登場で、「1984」(ジョージオーウェル)がアメリカで売れたそうな。

日本でももう一回、読んどくべきなんじゃないかと。
この小説、警告であって参考書じゃないんだよとw

0 件のコメント: