2017年4月8日土曜日

ミサイル攻撃に思う

アメリカがシリアをトマホークでミサイル攻撃。

中国首脳との夕食会の最中という、とんでもないタイミングで繰り出した一手だけに、中国側も思うところはあっただろう・・・。

ミサイル発射は思い切った手段でありつつ、非常にてがたい。
飛行機での攻撃はどうしても被害の可能性がつきまとう。
ミサイルなら打ってしまえば大丈夫。
ーーーーーーーーーーーー
もっともロシアは急遽艦船を米軍牽制に向かわせたようだ。
今後は水上艦からのトマホーク発射はそれなりに危険を感じることになる。
ーーーーーーーーーーーーーーー
この攻撃は、二つの意味がある。

対北朝鮮にも同じ行動を取る可能性。
すなわち日本海や東シナ海から巡航ミサイルで核施設やミサイル工場、ミサイル発射装置を攻撃する可能性を見せつけたこと。

そして二正面作戦が難しい現状では朝鮮半島はあとまわし。
シリアが片付くまで朝鮮半島での全面攻撃は難しいんじゃないか?と。

北朝鮮が反撃をためらう程度の破壊。
これが米軍の望む攻撃かなあ


0 件のコメント: