2017年3月20日月曜日

ファンディーナ、圧勝。三連勝でクラシックに向かう

去年は、クラシック戦線はおとこ馬が超ハイレベルでした。
おそらく、去年の上位馬5頭位までの馬が今年産まれていたら、三冠取れたんじゃないか?
それくらいハイレベルでした。

今年は逆に目立って強い馬がまだいません。

反対に牝馬は10年に1度の馬が二頭出現したと思います。
名門藤沢厩舎が送り出すソウルスターリングと今日フラワーカップを圧勝したファンディーナです。将来的には男馬に混じってG1で戦うものと。。

ソウルスターリングは怪物フランケルの初年度産駒。
史上最強の馬の一頭に数えられるフランケルの産駒の中でも1番強いんじゃないかと。
父親ゆずりの強い心肺能力と絶対的スピードにものを言わせてレースをねじ伏せてきました。

あまりクラシック戦線に縁が無い名伯楽藤沢調教師ですが、ジュビナイルフィリーズ、チューリップ賞と桜花賞の王道路線を選んできました。
チュウリップ賞ではハイペースをらくらく追走、直線であっさり抜け出しました。
テン(スタート)よし、中好し(追走)、終いよし(最後のラストスパート)。
まさにすべてをハイレベルで取り揃えた馬と言えます。

ーーーーーーーーーーーーー
一方、今年デビューとデビューが遅れたファンディーナは普通有力馬が通らない裏街道を行きます。理由は色々あるようですが、デビューが遅れたために、クラシックの王道路線に乗らない道を進みます。

デビュー戦を逃げて衝撃の9馬身勝ちで全国に名を轟かせると、二戦目は将来をにらんで二番手追走。
すると逃げ馬は超スローペースに持ち込みます。直線を向いてもセーフティリード。まんまと填められたかと思った位置からトップスピードに乗ります。
ギリギリ届くか?とおもったけど実際は直線半ばであっさり捉えます。
全力を見せること無く二連勝。

このレース、ファンディーナに対する逸話が一つあります。
デビュー戦手綱を握った岩田騎手ですが、二戦目を川田騎手に譲っています。
というのもこの日、エイシンバッケンでG1フェブラリーステークスの騎乗依頼が来ていたからです。エイシンバッケンも上り馬。岩田騎手はチャンスはあると思っていました(結果4着)
それでも岩田騎手は直前までG1の騎乗依頼を断ってたかが3歳の500万下のレースに乗ろうかどうか悩みに悩んだといいます。結局、次からはまた岩田騎手が手綱をとる確約をえてようやく府中に向かうことにしたのでした。岩田騎手がこの馬をG1の一つや2つは取れる馬、それ以上であると考えている証拠とも言えましょう

そして今日。(3月20日)
1800mと距離が長く、かつローテが苦しくなるため「裏街道」フラワーカップに出てきました。
今日も二番手追走すると持ったまま、馬の勢いだけで先頭に立ちます。もう抜け出す時のストライドが全然違う。しかもその大きなストライドのままピッチだけが上がっていく。
結局持ったまま後ろを引き離すと直線は流して5馬身差。強さを見せつけました。

岩田騎手は、直線入って後ろの馬が追ってこないことを(いや来れないw)のをターフビジョンでちらっと確認するとそうそうに馬を抑えにかかって彼女も流して走っています。
それでも差は開いていく。残酷なばかりの絶対スピード。


さて、注目はこの二頭どっちが強いのか?そして二頭は牝馬クラシック戦線を進むのか?
あるいはウォッカのようにダービーに回るんじゃないか?
今年のメンバーならこの二頭にもチャンスは十分じゃないかと。
藤沢調教師ですがダービーなど男馬のクラシックには縁が無かったことでも知られます。

悲願のダービーを取るために社台ファームがダービーに向かわせるかもね。

ファンディーナもここから桜花賞に向かうより、一週遅い皐月賞に向かう方が勝算あるかも。馬場も経験したしね。
---------------------------------------------------------------------
さて。ファンディーナの速さを作り出しているのが大きな馬体であることは間違いありません。
ボルトが速いのが長い足を使ったストライド走法にあるのと同じ。

ただしこれだけ大きな馬体は仕上がるのに時間がかかり、しかも慎重にしないと怪我のリスクも大きい。
デビューが今年になったのも、フラワーカップに使ってきたのも仕上げの難しさによるものでしょう。
「桜花賞に向かう」とすぐ宣言しないのも、一戦一戦馬と相談しながら慎重に仕上げている証拠。

このまま皐月賞に向かうとか、桜花賞、皐月賞をパスしてステップレースを使ってオークスやダービーを目指す可能性もあります。

0 件のコメント: