2017年3月18日土曜日

ぼくがかんがえたきたちょうせんくうばくけいかく

さて、トランプ大統領の怖いところは「今までの常識が通用しない」ということではないでしょうか?


彼なら今年中に北に軍事行動をとってもおかしくないと僕はおもうんですよね。

といっても流石に地上軍を派遣する(昔の湾岸戦争やイラク戦争のように)勇気はないでしょう。やるなら、核開発施設やミサイルサイトに対する空爆、ミサイル攻撃、あるいは大昔カダフィを狙ったようにキムさん本人を直接狙うか???

カダフィを狙ったときはF111を使いましたが、今はありません。さらにあのときは同盟国イギリスの空港を使いました。今回、韓国と日本は「政治的に使えない」でしょう。

おそらく長距離をマッハに近い速度で飛べるB1Bを使うんでは無いかと。これならグワムから直接攻撃できて、北朝鮮のスパイ(日韓にいるでしょ)にも見つかりにくい
さらに大量に爆弾やミサイルを積み込めて(60トンくらい)速やかに戦闘を行える。精密攻撃が出来る点ではトマホークも有用ですが、火薬量を考えるならB1Bのほうが大量の火薬を精密に落とせる。


また戦術攻撃機であるF15Eなどを日本から飛ばすよりガム島から直接足を伸ばせる長距離爆撃機のほうがいいでしょうと。政治的に在日米軍は使えないんです。

やるなら新月肉眼で見えにくい日。うるさくなるだろう左翼政権が発足する韓国酋長選挙の前に???


3月28日、4月26日か???

あるいは「奇襲をするなら日曜日」

いずれせよ選挙までもうあんまり日がないな



妄想のコーナーでした。


万が一そんなこと起こったらびっくりするけどなあw

0 件のコメント: