2017年3月29日水曜日

韓国サッカー、シリアに1-0も薄氷の勝利。シリアは決定力不足とゴールポストに泣く

韓国もワールドカップ予選を戦っています。
中国に負けるも、なんとか二位を守ります。昨日はホームのソウル「ワールドカップ競技場」でシリアと対戦。

韓国は普段4-2-3-1で戦うのですが、シュティーリケは作戦を変えます。
4-1-4-1にフォーメーションを変更。いわゆる前からプレスをかけ、圧迫する戦術に。高い位置でボールを奪って速攻で攻めようというわけです。

これが当たります。
エースソンフンミンが出場停止から復帰しベストメンバーで戦う韓国は前半4分に先制点!

CKからソンフンミンが中にボールを放り込むと、ボールの取り合いに。
混戦から元アウクスブルク、現江蘇蘇寧のDF,ホンジョンホが左足でゴールを奪う。

その後も韓国がボールを支配し、前半は韓国が安定した戦いを見せた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところが。。。シュティーリケは前半も半分を過ぎた頃からいつもの4-2-3-1にフォーメーションを戻したのですが。。。これが大外れw皮肉にも得意なはずの戦術が相手に付け入るスキを与えます。後半になると後のないシリアが徐々にチャンスを作り出す。韓国もキ・ソンヨンからビルドアップするのですが得点には至らず。



シリアに問題があるとすればあまりにもシュートの精度を欠いたことでしょう。決定的チャンスは何度もありましたが枠を捉えることが出来ません。

後半ロスタイムには3回ほどチャンスを迎えるも最後はゴールポストに当たり万事休す。韓国が試合内容はともかく「一息つける」勝ち点3を奪って2位を死守しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
戦術面で???が出ますし相変わらずセットプレーからしか点が入らない。
でも勝ち点3は大きいですね。あとは苦手のアウェイで取りこぼさずに行けるか?

その辺が分かれ目になりそうです

0 件のコメント: