2017年1月2日月曜日

韓国軍、元日から爆弾投下

韓国軍のP3対潜哨戒機が、元日から身を削って笑いを取っていて話題w

韓国もお正月ですが、もちろん軍に休みはなく、海軍のP3対潜哨戒機が他国の艦船がいないかパトロール飛行をしていました。

ところが、何を思ったか、海上で搭載するすべての兵器、ハープーンミサイル二発、爆弾二発、魚雷二発、日本円に換算して6億円相当を投下してしまったんですwwww

軍用機は、緊急着陸を余儀なくされることを考慮して設計されています。ー

この時、武器を搭載しているとそれに誘爆してしまう可能性がある。

そのため、緊急着陸をするときはすべての武器を捨て、燃料をへらし安全性を高め、身軽になってから緊急着陸を試み少しでも生存可能性を上げることになっています。

だから、緊急武器投下ボタンを備えているのですが、どうやら乗員が間違ってボタンを押したんですなwww

幸い、誰もいない海の上だったから被害は出ませんでしたが、これが地上、特に都市部だったら?

投下しただけでは起爆しない設計とは言え、それ自体かなり重さがある武器です。
ビルなどに当たっていたら大惨事の可能性もあった事故。

大統領不在が末端公務員まで士気低下を招いているとしたら、かなり問題は根深いかもね。

少なくとも自衛隊では聞いたことのない笑えない笑える事故ではありました

0 件のコメント: