2017年1月19日木曜日

逮捕状による逮捕と、裁判所。

僕の従姉妹に裁判官が居ます(新天地の親戚は父方はみんな学校の先生、母方の親戚は弁理士か法曹です。家系なんですかねえ)

彼女は「逮捕状を出す仕事」をやってたことがあります

裁判所は「逮捕状を出す」仕事もやってまして、それに対応する裁判官が居ます。

逮捕は24時間行われるわけで、当然、裁判所も24時間対応なのよって嘆いてました。
大変ですね

もっとも普通の裁判官も人によっては寝る間もなく判決書いてたり調べ物したり大変だそうですが・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なんで逮捕状を出すのが裁判官かというと、憲法で決まってるから。

第三十三条
何人も、現行犯として逮捕される場合を除いては、権限を有する司法官憲が発し、且つ理由となっている犯罪を明示する令状によらなければ、逮捕されない。

これをうけて刑事訴訟法が幾つかの仕組みをつくりました。現状では警察(一部は検察)が裁判所に行って裁判官に令状を出してもらう、そんなしくみになっています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
韓国でサムスン電子副社長、(サムスンの「総帥」は意識不明が続いており、副社長が実質的な総帥です)第三者供賄罪にとわれ、韓国の特別検察が逮捕状を請求しました。

日本だとこういうケース、大概逮捕を認めるんですが、韓国地裁は「逮捕状を出さない」というなかなかな判断を出してきました。

経済的な影響も大きいし、証拠隠滅とかせんだろう、というみたてなんですかね?
日本のように逮捕事態それが「処罰」と言う考えではなく、「在宅で調べられるんなら、在宅でいいでしょ?」ってな形ですか日本と韓国の「感覚の違いかなあ」とおもわないでもありません。

人権云々を考えるなら、韓国のほうが「優れてる」と思わなくもない
何が何でも逮捕の日本とちがう

一方、「無理筋」を通そうとした特別検察にとっては、痛い失点でしょう。

0 件のコメント: