2017年1月14日土曜日

ソウル大学廃止?ソウル市長発言でソウル大学揺れるw

ソウル大学校は韓国を代表するユニバーシティです。(新天地注。日本では「大学」と表記しますが、韓国では「大学校」とするケースがほとんど。大学、というと「短大」とか「学部」みたいなニュアンスになるそうです)

2011年に法人化されましたが、もともとは国立の大学校。日本以上に学歴社会である韓国では法曹や政治家、官僚などソウル大出身の人が大きな地位を占めています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、そんなソウル大学ですが「学歴社会」の象徴として叩かれることも多いわけです。
ヘル朝鮮、と言われる劣悪な就職環境の中でも、ソウル大卒なら就職ができて出世も早いと。一部の人間だけが高度な教育を受けれて、一部の人間だけが所得が高い大企業に入れると。
まあソウル大学に入れるような人なら、実際能力も高いんでしょうが・・・。

そんななか、パク・ウォンスンソウル市長が国会の討論会の中で「ソウル大学を廃止する」と発言して一部関係者の間で話題になっています。
曰く、ソウル大学などを廃止し、全国横断的な大学組織を作る。誰でも(統合した全国のキャンパスで)ソウル大学と同じ教育を受けられるようにする。と


イメージとしては東大とか全国の大学を一つの組織にして誰でもどこでも同じ教育を受けれるようにする、といったところでしょうか?
まあアイデアの域に過ぎず、実現性は乏しいんでしょうが、発言したのが朴ウォンスン市長なところに少なからぬ意味があります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
朴市長(60歳)は左派系政党の流れを汲みます。いわゆる「参与連帯」という社会運動のトップだったこともあり、行動派の弁護士として知られてきました。
2011年のソウル市長選挙でソウル市長になったのが政治家としての第一歩。

そして今回の大統領選挙にも
出馬の意欲を見せており、トップ争いとは行かないまでも4番手5番手につけています。
今回は無理でも、その次は十分にありえるでしょう。5年後65歳という年齢はネックかもしれませんが。

その彼がいい出した政策です。
ソウル市長としてだけなら、小さな声かもしれません。
しかし大統領候補が一本化される過程で、政策協議として統一候補の公約に一部または全部が取り入れられる可能性も無きにしもあらず。


そんなことしたら学力低下につながるだけと思うけど、興味はありますね

0 件のコメント: