2017年1月26日木曜日

韓国滅亡決定?

韓国ウォッチャーの間では、根強く噂されている話があります。

韓国では海に関わる不幸が多い。

セオウル号の沈没という大惨事。海運会社が潰れ、造船業界も青息吐息。
極めつけはパク大統領の弾劾問題。

思い起こせば朴大統領が「空白の7時間」に会っていたと産経報道が伝えた人物こそ、今をときめく(笑い)占い師さんの元夫でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そして前にも書きましたが、それが「仏罰」によってもたらされたと根強く言われているのです。

それが2012年におきた対馬仏像盗難事件。
観世音菩薩坐像と銅造観世音菩薩坐像(そのた経典など)が盗まれたのです。
犯人は韓国で捕まったのですが、この仏像について韓国のお寺が「1300年ころ」に日本側に強奪されたものと主張。倭寇が取っていったもんだと。

二体のうち一体は日本に帰ってきたのですが、一体の観世音菩薩坐像については裁判所が「預かる」形になっていたのです。

韓国の政府の管轄下にある(これだけでもふざけた話です。本来なら条約によって即時日本側に返還されるもの。)そしてこの「祟り」で海絡みの不幸が韓国を襲っていると言われているのです。

というのも日本に返還された銅造観世音菩薩坐像は海の守りを司るともいわれ、大昔この地方を襲ってきた軍勢の船を「神風」で海の藻屑にしてしまった、という言い伝えのある仏像。
韓国から返還時に「右手中指が破損」しており、その怒りが収まっていないとも・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて残り一体、銅造観世音菩薩坐像について韓国の大田地方裁判所が驚きの判決を下しました。

銅造観世音菩薩坐像は数百年前に日本に強奪されたものだから韓国の浮石寺時に返せ、というのです。

実際に強奪されたかどうかは非常に疑わしく、また仏像のいわれである浮石寺といまの浮石寺が同一であるかどうかでさえ証明できないような話(韓国では仏教が排斥されていた時期があり、その時に仏像なども海外に売られていったこともあるのに。。。)

また日韓関係に新たな重石が増えました。
そしてまた仏罰が下るなら、今度は韓国政府(弾劾でひどい目にあってますね)ではなく韓国の司法に「爆弾炸裂」となるかもしれません。

(誰かからお金もrってたとかスキャンダルが出てくるくらいで済めばいいけどね)

今度は北朝鮮によって船が攻撃されるとかかなあ。。。。仏罰をなめないほうがいいとおもうけどなあ

0 件のコメント: