2017年1月16日月曜日

我が社の平成31年問題

新天地の会社は、配達したら、内容をパソコンに入力。

するとデータベースが運送日報(法定の帳票)を作るとともに、各社への請求書を作ってくれます。

まあ運送会社ではよくあるパソコンの使い方です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
が、これ、和暦で動いてるんです。「何年」というのを二桁でしか考えてない。
いまさら西暦にも対応できん。

無理やり01に戻して新年号に対応することは出来る。デモなあ・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いまSEの人(どっかの会社の人)が来たのでこの際新しいシステムでできないか、見積もりを頼んでおきました。

平成30年の暮がきて慌てる前に、今のうちに新しい仕組み作っちゃおう。
それが正解でしょう。

何十万の出費は痛いけど、今後10ねんとかそれ以上使うんだろうから。

0 件のコメント: