2017年1月14日土曜日

平成31年問題勃発

さて、政府は平成31年をもって、新年号を使うことにしたようです。

ここで「SE」大変だなあ、と思った方は平成になるときとか2000年問題とかで社会人だった人でしょう。
西暦使えばまだ被害が少ないのに、和暦を使ってるシステムは日本中に多い。
アホやなあ、とばかにするのは簡単ですが、僕がいる運送会社の日報、請求書のシステムは全部「平成何年」で動いています。アホかー!!!!

これ、全国的にきちんと対応できるんか???SEの人は今から憂鬱でしょう。まさに平成31年問題w

昭和から平成に移るときは「しょうがないなあ」ということで暫定的に昭和64年を使い続けることが可能でした。実質1年間の猶予があったんです(昭和天皇が崩御されたのが1月だったから)。もちろん健康が悪いのもわかっていたのである程度SEにも心構えはあっての話。

しかーし。今度は1月1日からと予めわかっているわけです。「猶予はない」
SEは平成30年の年末から翌年の正月にかけて休み無し、という非常に恐ろしい宣告を食らったようなもんですな・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その頃には消費増税もあるでしょう。また、新天皇の即位の礼はその年限りの祝日になります。
この対応だけでも頭痛いのに、3つの嵐が同時期にSEを襲う。パーフェクトストームかっ。

SEは三度死ぬ。合掌。ナムナム

これ、全く他人事じゃないんだがw

関連銘柄の利益にはなるんだろうけどさw
システムソフトでも買っとくか?w

0 件のコメント: