2016年12月4日日曜日

ぼくがかんがえたでんきじどうしゃ

よく小学生が僕が考えた最強の戦闘機、とかノートに落書きしてることがあるけど、それに習って僕が考えたでんきじどうしゃを書いておく。10年後当たっていたら、拍手。

まず、電池は今のスマホよろしく薄っぺらい板状のものをシャーシャー全体の最下部に敷き詰める。重いものを一番下に持ってくことで安定性など諸々の性能を上げることを目論む。
シャーシーはカーボンモノコック。
モーターはインホイールモーターで四つのモーター駆動の四駆。
それぞれを独立して制御する事で安定性運動性乗り心地を高い次元で制御する事競争が起こるだろう。
フロントのエンジンルームをなくすことでローアンドワイドのプロポーションを実現。
振動するエンジンをシャーシーにくっつける必要もない。
これは乗り心地に大きな貢献をするだろう。

高いボンネット位置を持つ旧来のエンジン駆動車が古く見える。
まるで煙突がついた蒸気機関車のような象徴になるんじゃないかな、今のような高いボンネット位置が。
急速充電器はいまのチャデモの数倍の供給力がひつようとなり、いまのチャデモは消える。

電流を制御する部品を作る会社の株価は凄く上がる。
これはリサーチする必要あるね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
モーターと制御装置をいじれる会社がチューナーとして登場する。
モーターのダイナミックバランスどり職人なんて出てくんじゃないか。
あるいは手巻きモーター職人とかw。

四輪はかなり細かく制御できるようになる。
グリングリン曲がり、切れ目無く加速し。、スピンしない。雪でも安全に止まれる。
そんな夢のような制御装置を売り物にしていかなければならないだろう。

ディスクブレーキは補助にすぎなくなる。
緊急時の非常ブレーキみたいな。
ブレーキ会社は経営に破綻するところも出てくると思ってます。
これは変速機を作ってる会社も一緒かもですね

0 件のコメント: