2016年12月25日日曜日

ご冥福をお祈りします、が失礼になるときもある。

奥さんの親友のお母さんがなくなった。明日お通夜。。。

葬儀の前に、お団子を造って備えるのが一般的な習わしだそうだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これ、本願寺派など真宗ではやらない。
真宗では南無阿弥陀仏と唱えることで仏様が連れて行ってくれる。いわゆる他力本願(ここから来てるのよ)を徹底している。真宗の信者は、死んですぐに仏様によってご浄土に連れて行ってもらえるのだ。

だからいわゆる向こうに行くために死後に徳をつむひつようはない。お団子を備えるなどの儀式は必要ない。強く言ってしまえば迷信を信じていることになってしまう。

真宗で「御霊前」を用いないのもこのため。真宗では死んだら仏様なので、お通夜や告別式等49日の前でも御仏前を使うのがマナーになる。

またよく「ご冥福をお祈りします」という言い回しがあるが、真宗の信者にこれを言うと、悪気はなくてもかなり「失礼」な言い回しになる。(まあ普通の真宗の信者はそんなことまで知らないし、知ってても言わないと思うが)
真宗の信者ならば、死んだら阿弥陀様が成仏させてくれるのだ。もうすでに仏様になっている個人に、これから手順を踏んで仏様になってね、と言っているのに等しい。
宗教的には侮辱しているようなことになる。まあものすごく細かいことだけど、念のため。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
友引を避けてお葬式をするのが一般的ですが、仏法から見れば友引、大安などはまさに「迷信」。
本来なら、迷信を信じるのは仏法として駄目なんですけどね。
最近は友引の日は焼き場がおやすみというのが普通だそうで、友引の日にお葬式を行うのは難しいそうですが・・・。

0 件のコメント: