2016年12月11日日曜日

良いところを活かす。要らない物も出てくる。銘柄も変わる

どんな分野にも応用の効く投資のお話。

しつこいけどカメラの話から。
カメラは戦後、ライカ型のカメラから、一眼レフに主流が移った。
そっちの方が高性能なカメラが作れた。

しかし一眼レフは機械的に精密さが求められ、最終的には日本の数社しか残らなかった。

そこに現れたのがデジタルカメラだった。
画質はフィルムカメラのほうが上だったが、何枚でもとれる、すぐに写真が確認できてすぐに印刷できて、修正も簡単にできる。ウェブとも相性が良い。

フィルムは10年で淘汰された。あっという間だった。。


そしてカメラも大きく形を変えた。
最初は一眼レフにCCDやC-MOSを取ってつけただけだったカメラだったが、C-MOSの映像を液晶や有機ELに出力すれば済むんじゃない?と気がついたのだ。
ミラーレスと言われるカメラが主力になり、いまや一眼レフカメラはプロカメラマンなど一部にしか選ばれず出荷額は大きく減っている。

新しい技術が出てくると、まず古い技術が淘汰される。
そこまではみんな気がつくんだ。デジタルカメラの登場でフィルムが消えることまではみんなわかった。フィルム専業の会社はつぶれた。

しかし、デジタルカメラの登場でカメラの形が変わり、生き残ったカメラの会社も新たな競争にさらされ、苦境に陥ることまでは読み切ってなかったように思う。
一眼レフのミラーボックスを作っていた会社なんかは壊滅的な被害を受けただろう。
C-MOSならではの利点を生かしてカメラは形をどんどん変えていった。。
今もピントが後から合わせられるカメラが出たり甚だしくはレンズが要らないカメラまでてこようとしている。。

一方、デジカメの登場は新たなビジネスも生んだ。
C-MOSそのものはもちろんそれを制御したり、手ぶれ防止の仕組みまで出てきた。新しい産業も生んだのだ。。
ーーーーーーーーーーーーーーー
自動車が今まさにこういう転換期を迎える。
デジカメが登場したのを大きくし上回るインパクトを与えるだろう。

モーター駆動とシャーシーのカーボン化。
みんなエンジンが消えることを想像していないかもだが、デジカメの時も多くの投資家がそう思ってた。
10ねんでエンジンが消えると考えて投機すべきなのだ。。

まずはモーターの会社を狙う。
それが今週急騰した黒田精工の狙い目だった。。
今後も急騰する場面が何度もあるだろう。。

次は制御する半導体や電装品の会社に注目が集まるんじゃないか?

一方で一眼レフカメラが消えたように、、今の自動車からも消える予想されるものがおおくある。
エンジン、燃料タンク。旧来のトランスミッション。ブレーキも回生ブレーキに取って変わられるかもね。

軽量化を目的としたカーボンの台頭は鉄の消費に陰を落とす。保安基準の改正でバックミラーのカメラへの変更が認められた。フェンダーミラーがドアミラーに変わったように、ミラーもすべて姿を消すだろう。

充電設備を備えた駐車場がマンションでは当たり前になるかもよ。
え?充電設備ない?そんな古いマンション止めとくか、みたいな。

いろんな銘柄が目に浮かび、いろんあ空売り銘柄も頭にひらめく。。

繰り返すけど電動化は確定された未来。
でも株価はまだ織り込んでない

0 件のコメント: