2016年11月9日水曜日

トヨタもEV参入へ

燃料電池車にこだわっていたトヨタだが、ここに来て近いうちの電気自動車発売に舵を切ったようだ。「誤りを認めた」ことにあるかな。。

もともと燃料電池車も電気自動車も「電気を使ってモーターで動く」ことには変わりない。
電池を売ってくれる会社が増えてきた現在、モーター駆動のノウハウを持つトヨタが電気自動車を設計して製造して販売するのはそんなに難しくないだろう。(いつでも作れるから今まで焦って来なかった面があると思う)

繰り返すけど、ここに来て「電動化」の流れは世間一般の投資家が思っているより急だと思う。
これも繰り返すけど、それは写真がフィルムからデジカメに代わっていった時を思い出される。

「こんなん(デジカメ)はまだまだ銀塩フィルムの代わりにならない」と言われていた数年後、銀塩市場はぱたっと消えた。フィルム以外に売上先を見つけられなかった会社は姿を消した。カメラメーカーも大きく淘汰された。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕が思うには、プリウス型のハイブリッドも含めたガソリンエンジン車の寿命はみんなが思うより短いのではないか?そんなふうに思います。
自動車電動化関連株はまだ買うべき余地が残っているはずです。


自動車は「電動化」「軽量化」「自動運転」これがキーワード。

その上でスバルやマツダが目指すような「値引きしないで売る」事ができるかどうか。
それがぽいんとになっていくのかなと。

0 件のコメント: