2016年11月12日土曜日

トランプは「レーガン」なのかもね

レーガン大統領だって、最初は暴言吐きまくってたが案外うまく行った

そういうのを期待したいところかもね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
司法長官はクリス・クリスティか?
大統領候補戦にも出馬表明したニュージャージー州知事。
州知事時代はハリケーン・サンディへの対応成功から一気に名前が知られるようになった側面も。また財政健全化に一定の成功を収めている。弁護士出身。

論功行賞では早くから支持を表明したジュリアーニ元NY市長を登用するだろう。
言わずと知れたNY市長をのテロからの復興の功績あり
テロに対して強硬な姿勢を取るトランプ次期大統領だけに、象徴的な意味もあるだろう。

国務長官はギングリッチ元下院議長?
ビッグネームの中ではトランプ氏との交友も広く、諸外国ともそれなりにパイプがあるのが強みでしょう。案外安定した(慎重な)外交をするんじゃないかという希望を込めてw
(ギングリッチさんがう~んな人という話は横においておく)

いずれにしてもこの二人、(ジュリアーニ、ギングリッジ)のもと「共和党の大統領予備選有力候補」が実質的なトランプ政権の舵取りをすることになるんでは???
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

財務長官がマーケット的には注目だけど、産経新聞も推してるデューンのCEO,(元ゴールドマン・サックス)ムヌーチンが最有力。
ムヌーチンは今度のトランプの選挙のお金を取り仕切った人でもある。

対抗馬がトランプ陣営のアドバイザーが推薦するというJPモルガンのダイモンCEOか。ただダイモン氏は財務長官の仕事そのものに興味が無いとも伝えられる。そもそもダイモンといえば割に熱心な民主党支持者だからなあ。

いずれにしても「株価大暴落」を避けたいトランプ陣営はマーケットに近しい人間を採用する作戦らしい。アメリカの株価が上げた背景に当然「金融業界に秋波を送る」こういう姿勢があることも言うまでもない
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
軍事的には「軍拡」と伝えられる。1100機あまりの軍用機を1200に増やそう!っていうスローガンは12隻ある空母を15隻まで増やそう(実際増やした)って言ったレーガンを思い出さなくもない。

ただ、そのお金どうすんだよ?という疑問には答えられてない
トランプとしては、「日本とかサウジとか韓国とか、恩恵を受けている国からもっとお金を徴収すればいい」って考えだろう。

でも沖縄県みたいに「ぜひ、駐留兵力減らしてください」なんてみんなが言い出したらどうすんの?とかの疑問には答えられてないし、レーガンのように「軍拡するぞ」と脅せば旧ソ連がついてこれずに国力が疲弊するとかの「出口戦略」もない。旧ソ連と違って仮想敵国中国はそれなりの経済的うらづけがあるしね。
しかも「戦闘機を増やし」たところで誰もあんまり打撃はないだろう。テロとの戦いで戦闘機が敵を壊滅できるかというと甚だ疑問だ。
軍事関連銘柄をかうのはちょっとむりがあるかねえ。

薬価を下げない、という面は引き続き注目しておきましょうか(厚生のトップはベンカーソンが有力視される。かれはオバマケアの急進的な反対者でもある。元神経外科医。)
これは製薬会社にはプラス。





0 件のコメント: