2016年10月25日火曜日

投資家としては、まだトランプ大統領を排除したらだめだと思う。それがブレグジットの教訓

日本のメディアでは「ヒラリーが勝った」くらいの報道ぶりです。

しかし、大統領選挙はほんの一部の「浮動州」の動きで結果が決まる面もあります。
あれだけ失点続きのトランプ候補ですが、いまだ数ポイントの差で支持率をえています。
これから激戦区での遊説でひっくり返ったり、あるいはほんのちょっとの風向きでまだまだトランプ候補の当選はありうるんじゃないか?

そう思っておくのが投資家として正しい判断のような気がします

大統領選前後はポジション軽くしておきましょうか。
それがこの前のEU離脱騒ぎのきょうくんのような気がします。

0 件のコメント: