2016年10月12日水曜日

自動車電動化の追い風つづく

韓国や日本で蓄電池の開発の進化が伝えられました。
さらにヨーロッパでは遠くない将来の「化石燃料を動力源とした車の廃止」(ハイブリッド車を含む、燃料電池車を除く)が動き始めています。

新天地が何度も書いたように「少なくともエンジンが消えてモーターが取って代わる」のは確定した未来と言えるでしょう。あとは二次電池がかつのか燃料電池が勝つのか。そこだけ。

モーターに比べると電源の行方は不透明。どこの会社、あるいはどの電源に賭けるかはまだ難しいですな。
モーターもどこが勝つか?難しい。。。これはキャッチアップが必要かな。


一つ言えることは旧来のエンジンは必ず消えていく。おそらくトランスミッションも苦しい。
この手の会社はもう保有は危険かな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
写真フィルムを失い、フィルムメーカーが消えました。

しかしコニカも富士写真もフィルムを捨てて華麗に生き残リました。
どうゆうふうに生き残っていくのか?

見ててチャンスがあるなら投資したいですね。ここ20年余りの話になります。

0 件のコメント: