2016年10月13日木曜日

都会のリソースを田舎に持ち込むのが最強?

新天地、この前遠野に行ってきました。新幹線とレンタカー使って。
で、帰りみち、新幹線まで時間があったので、新花巻駅のポケモンジムで「トレーニング」してレベル6にあげて自慢の「カビゴン」(しねんのずつき、のしかかり、CP2261)を置いてきました。

普通、都内ならどんなに頑張っても一日持ちません。みんなが崩しちゃうから。
レベル8-10にあげたって誰かが崩しちゃうんです。

ところが新幹線駅の新花巻、僕のカビゴンは月曜のPM2時位に置いておいたのに木曜のAM7時現在、まだ防衛中です。
同じ時間にジムに1600くらいのポケモンを置いてきた奥さんのは帰ってきてるんで、誰かがジム崩しにチャレンジしながら、時間がなくて最後までは崩されていないんでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
田舎ではポケモンも出ないし、モンスターボールを補給する場所も少ない。したがってプレーヤーも少ないし、強いポケモンも少ない。

都会では強いポケモンも手に入るし、プレーヤーも多い。


したがって都会でたくさんポケモンを集めて、人の少ない過疎地にいってポケモンジムをみんなで占領、そうすれば長期間に渡ってジムを占領できる???

あほな経済論理を考え出す新天地でありました。

新花巻駅、たいざいする人が少ないんだな・・・・。
色々考える余地はあるな。

てかカビゴン、二度と戻ってこないんじゃあw
新花巻駅に行く機会がある貴方w
いまも新天地のカビゴンが貴方をお待ちしております(13日AM7時現在)

0 件のコメント: