2016年10月27日木曜日

種牡馬としての価値を証明するために。モーリスは2000mに向かう。

秋の天皇賞、エイシンヒカリと武豊も見ものですが、一方の主役はモーリスです。

モーリスの血統を見ると、父は2400mのジャパンカップ勝ち馬スクリーンヒーロー。その父グラスワンダー(有馬記念2勝、宝塚記念、朝日杯3歳ステークス)。母馬のメジロフランシスは母系をたどるとメジロモントレー、メジロボサツ、と今はなきメジロ牧場をささえたスタミナあふれる母系。母系はノーザンダンサーのクロスが入っていますが、それもモガミ、サドラーズウェルズという「スタミナ」な種馬を通しています。

これがなぜか「世界最強クラスの」マイラー(1600mのスペシャリスト)を生み出すのですから血統は不思議ですね。

もっとも祖父グラスワンダーは京王杯G2(1400m)を勝って、安田記念でも2着に入っていますし「万能型」の血を引いているともいえます。スクリーンヒーローの母系をたどればダイナアクトレスやサンデーサイレンスの血も引いておりこの辺からスピードを引き継いでいるのかもしれません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これだけの馬ですから、引退後は当然種牡馬入りすることになります。

それを考えたときモーリスはマイル路線に専念するのではなく、2000mという「中距離」にレースを変えてきました。
というのも最近の種牡馬は「2000m」を勝てる馬、が高評価される傾向が強いのです。
レースが高速化し、なおかつレース体系も「中距離」が重視されるようになってきたのが世界的な傾向。そのためにも種牡馬は2000mという距離に対応した馬が適しているというのが最近の傾向なのです。

マイルを勝ち続けることはもちろん大事ですが、2000mを勝てることで「この馬は現代基準で最高の種牡馬にもなりえます」ということを証明する事。それがもうすぐ種馬になるモーリスにとって重要なこと。それであえてもっとも得意とする1600mではなく、2000mの天皇賞に出てきた、そんなわけ。
1600mを圧勝できるスピードはすでに証明しました。
2000mでも持つスタミナも兼ね備えています、という事を証明するためにモーリスは天皇賞に出てくるのです。

逃げるエイシンヒカリ、さすモーリス。エイシンヒカリは折り合いに不安あり。モーリスは距離に不安あり。万全ならどっちが強いのか?とても面白いレースになるでしょう。

0 件のコメント: