2016年7月8日金曜日

ラインの国籍?というか投資対象としては???

いよいよラインが上場するわけです。

いまだ赤字のこの会社ですが、ユーザ数が2億だとかもっとだとかというわけで注目の大型上々であることは間違いありません。20年前はどんなに有望株であっても赤字ということで上場できなかったんですが今は柔軟に上場し資金を集めることができます。金融ビックバンの果実と言えましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、このサービスを「日本の国産」というのはかなり無理があるでしょう。

僕はやっぱり「韓国の」会社だなあとは思っています。ただ、それをいっても始まりますまい。日本に本社を置いてじょうじょうしてくる以上、親会社が韓国の会社であっても日本の上場会社として投資対象として色眼鏡なしで見ていかないと、かな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ただし。

新天地としてはこの会社の将来性には疑問符ありです。今の段階で
黒字化できないのはなー。と言う所。システムとしては良く出来ていますが、ここまでユーザーが増えて赤字ってことは「いつ黒字になるんだよ」っていう先が見えない。その意味で投資として考えこんでしまうんです。


もちろん上場してすぐは賑わうでしょう。でも過去のソフトバンクやヤフー株みたいに買ったら儲かる、そういう株ではないような気がします。

0 件のコメント: