2016年7月15日金曜日

交通事故は誰にどこまで責任が?

2008年に首都高でタンクローリーがひっくり返って炎上し、首都高の5号線が結構長い間使えなくなった事故を覚えているでしょうか?燃料を20トンほど積んだタンクローリーがスピードを出し過ぎ、コーナーで曲がれなくて横転、火がついて高速道路が使えなくくらい燃えちゃったという事故です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
首都高側は、タンクローリーの運転手個人と、タンクローリーの運送会社、そして荷主である出光興産の三者に対して道路の復旧費用及び、通行止めの期間の通行料金を損害賠償請求していました。

この裁判、東京地裁でおこされたので、僕の従姉妹が担当するかもてんで、運送屋さんってどんな保険かけてるの?っていとこに聞かれた記憶があります。結局他の裁判官のところにいったみたいですが・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
判決は復旧費用と、復旧するまでの通行料金の損失を認めて、運転手本人と運送会社に賠償責任を認め、出光興産(=荷主)には責任を認めませんでした。荷主に対しては責任を限定した、と言えるでしょう。

まあ確かに、そこまで責任を認めていれば、「荷主としてはやってられないよ」という気はします。
一方で「荷主にもある程度責任を認めるべきだ」という発想も成立しうるわけです。

例えば、タンクローリーの場合、おそらく出光興産のガソリンだけを運んでいたんではないでしょうか??こうなってくると会社は別だけど荷主側と輸送主体ってのは「一体」じゃないの?という疑問も出てきます。被害者側から見れば荷主にだって一定以上責任あるよね、と。

架空の話ですが例えば石油元請け会社が、運送部門だけをスピンオフして事故を起こしたとしましょうか。この時運送部門(会社)だけに賠償責任があるとすると被害者側からすると「トリッパグレる」恐れが高まる。こういうケースと、単純な荷主なばあい、あるいはそのグレーゾーン、それぞれで結論が違ってもいいと思うんだよね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あるいは、きいたはなしですが「日通」なんかは建設機械を運ぶ部門を子会社別会社に移すんでは?と聞いたことがあります。特車関係で法律問題が発生する重機運送部門を本社内においていくのは「危険」と言う判断。万が一何かあっても「子会社のことなんで」と逃れられると。

こういうスピンアウトによる本当は運送主体だけど「依頼者」になってしまうようなケースをどう判断するのか。この辺までは詰めていないようです

ーーーーーーーーーーーーー
損害賠償からは話がそれるけど

例えば、建設省発注の道路工事とか、NEXCO発注の道路工事のために資材を運搬している車が交通死亡事故を起こしたとします。

いままでなら、ゼネコンはあくまで荷主であって、事故までは責任持てないよ、ってなところだったです。
しかし今では、可及的速やかにはッ駐車である建設省やNEXCOなどに事故を報告しないとかなり怒られるそうです。もちろん報告したら報告したで「管理責任どうなってるの!!」と怒られるそうな。

時代はそういう「厳しい方向に移りつつある」と言えるでしょうね。

運送主体である我々ももっと安全に気をつけなくてはいけないし、荷主側も今まで以上に「責任」というものに向き合っていく必要があるのかもしれません。

0 件のコメント: