2016年6月3日金曜日

安田記念に「マイル世界最強クラス」モーリス登場!だが思い出すスキーパラダイス

新天地にて、では此処1年余り、二頭の古馬を推してきました。

先月フランスG1を制したエイシンヒカリとマイル路線で連勝を重ねるモーリスです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
モーリスは騎乗した外人ジョッキーの間からも「現在世界最強では?」という声も上がるほど。
少なくともアジアの軽い硬い馬場ではこの馬を1600mで負かすことは容易ではないでしょう。

今年も香港で軽々とG1制覇。返す刀で安田記念連覇を狙います。
メンバーを考えればここは勝つというより「どれだけ勝てるか?」そういう競馬を期待してしまいます
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ただ、不安もあるんです。

香港で競馬を使ったことで、この馬「検疫、そしてその後の着地検査中」。慣れ親しんだトレーニングセンターに戻って調整することができません。このパターン、ちょっと思い出すんです、「スキーパラダイス」のパターンを・・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スキーパラダイスは90年代を彩る名牝でした。社台ファームの持ち馬で、母スキーゴーグルはニューヨーク牝馬三冠の一つエイコーンカップの勝ち馬。武豊を背にムーランドロンシャンG1を勝っています。これは日本人騎手による初の海外G1勝利。引退後は日本に輸入されキャプテントゥーレの祖母になるなど、数々の活躍馬を出す基礎牝系を築いています。スキーキャプテンは半弟に当たりますね。


社台ファームが所有したこの馬はアメリカ生まれでフランスの有名調教師ファーブルに預けられます。(ファーブル調教師は凱旋門賞7勝、歴代最多。ディープインパクトが負けた時の凱旋門賞馬レイルリンクもファーブル厩舎所属。以前はペリエを主戦に据え、ペリエと決別後はスミヨンを見出すなどまさに名伯楽。一方でこだわりの性格からかペリエやスミヨンとは「喧嘩別れ」とも。大馬主、ウイルデンシュタイン、アガカーン(ふたりとも桁が違う大金持ち)を顧客にしながらやはり袂と分かつなどなかなかキツイ人でもあります)

ファーブル調教師は世界的調教師でり飛行機を使って世界的大レースを制してきました。スキーパラダイスもフランスだけでなくアメリカのブリーダーズカップを二着など着々と良い成績を上げていきます。そして94年日本に参戦します。当時はまだまだ日本と世界に「差があり」。円高もあって海外から外国馬が参戦してきたのです。

安田記念の前哨戦、京王杯スプリングカップを使うと、格の違いを魅せつけて圧勝します。そして一番人気で挑んだ本番の安田記念!
スキーパラダイスは16キロ増のゆるゆるの体で現れます。

そう、検疫などの都合で思うような調整ができず、しかも日本の水があったのか食い過ぎやがって走れる状態になかったのですw結果は5着。そのご、ヨーロッパに戻って立て直し武でG1を勝つのですが。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
モーリスの臨戦過程というか「検疫のために負荷がかけられなかった」ところがこのスキーキャプテンのパターンを思い出すんですよね。まともに全力を発揮できていれば、モーリスもスキーキャプテンもここは勝てるレース(でした)

しかし伝えられるように「調教量が足りない」そして事前の計量によればモーリス前走が体重二桁増、今の段階でも二桁増加です。

負けるとしたら今回かもと思います。

0 件のコメント: