2016年6月25日土曜日

インブリード、アウトブリード。

競馬に詳しくない人のための?話。競馬に詳しい人はそんなん知ってる、な話です。

競馬に出る馬には必ず血統書があります。血統書をもっている馬の子供しか血統書がもらえません。なので競馬馬は可能な限り親を遡ることができます。。


血統表というのが血統書にはついてきます。血統表を見ればこの馬がどういう距離が得意とかある程度わかります。また、競走馬が種馬や肌馬(お母さん馬)になった時、血統表を睨みながらあーでもないこーでもないと考えて種付け相手を決めるのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
競走馬の種付けには「インブリード」(近親配合)と言う考え方があります。
父馬と母馬に共通の優秀な馬を入れることで、その優秀な馬の遺伝子が父と母から子供に受け継がれやすくなる、という考え方です。

かなり古い馬ですが、トウショウボーイという名馬、名種牡馬がいました(知らない人は50才以上の競馬好きに聞いてね)

 
 
血統表です。上の段が父馬、下の段が母馬。テスコボーイが父親でソシアルバターフライが母馬。テスコボーイの父親がプリンスリーギフト、母親がサンコートって言う風に見ていくわけです。
 
注目して欲しいのは父テスコボーイのお母さんの父親が「ハイペリオン」。母ソシアルバターフライの父の父の父がこれまた「ハイペリオン」るまりトウショウボーイは父と母からハイペリオンの遺伝子をうけついでいます。父、母の血統を5代前まで遡って共通の祖先がいる場合「インブリードがある」といいます。逆に5代前までの血統表に同じ馬が全くいない場合を「アウトブリード」といいます。
 
 
特にこのトウショウボーイがそうですが、三代目と四代目の「祖先」に共通の馬がいる場合「3✕4のインブリード」俗に「奇跡の血量」といって血統的には優れた組み合わせとされます。
 
あまりにも近い組み合わせだと遺伝病を持っていたり体質的に弱い子になる。逆にそれより前の世代だとインブリードの効果が出ぬくいと考えられてきたのです。
 
 
もっともこの「奇跡の血量」を持つ組み合わせの駄馬はいくらでもいたわけであくまで証明されていない科学かもしれませんけどね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
サンデーサイレンスが輸入される前、日本の種牡馬ランキング一位を占め続けていたのがノーザンテーストです。血統表を見てみましょうか?
 
この馬のインブリードは非常に珍しく、勝つ「強烈」です。
普通、インブリードというのは種牡馬をインブリードします。優秀な馬の遺伝子を再現したいので大活躍した父馬を組み合わせるケースが多い。ソモソモ牝馬は産む子供の数も限られるのでインブリードも難しい。
 
しかしノーザンテーストの生産者は有名種牡馬ニアークティックを産んだレディアンジェラの強い遺伝子に「かけた」んです。3✕2という非常に近親交配度の高い組み合わせになっています。繰り返すけどとてもめずらしい手法です。
 
この思い切った組み合わせはノーザンテーストが種馬に成ってから実を結びます。子どもたちは大活躍して日本の競馬を飛躍的にレベルアップさせたのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
つづきまた書きます
 
 

0 件のコメント: