2016年6月17日金曜日

韓国系と帰化。オリンピック。

オリンピックの季節です。日本でもサッカーとかでは「帰化選手」が代表入りすることはもはや珍しくありません。またいわゆる「ハーフ」な選手も普通に見られます。


ここに来て「帰化」選手がものすごく増えているのが韓国なのです。2011年に韓国は国籍法を改正しました。

科学・経済・文化・体育など特定分野で非常に優秀な能力を保有する者で、大韓民国の国益に寄与すると認められる者に限り特別帰化を許可する

というものです。(一部意訳)

要するに「有望な選手だったらものすごく迅速に別枠で帰化を簡単に認めるよ。二重国籍もオッケー」という非常に都合の良い法律。冬季オリンピックも開かれるし、手っ取り早く補強できるよね、というよく考えられた法律です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて韓国では日本以上に(日本人が「日系」というものに対して考える以上に)「韓国系」のひとに同胞意識があります。

日本だと「日系アメリカ人」だと完全に外人扱いですが、「韓国系アメリカ人」を韓国人は「同胞」としてとらえがちなんですね。

日本のスポーツ選手が「実は韓国系なんだ、誇らしい」という噂が流れたりするのも韓国の「アイデンティティ」といえばそうかもわかりません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
韓国の女子バスケットリーグ(WKBL)、そしてナショナルチームに大問題が発生しています。

韓国の女子バスケットリーグには「外国人選手枠」があります。1チームに保有できる外国人は2名まで、また出場時間にも制限があるそうです。しかしながら韓国籍を持たない選手でも「両親か祖父母のうちに韓国国籍所持者がいれば「韓国人選手と同じ資格」でプレーできる」。特例として外国人枠から外れるというわけです。

去年、この「韓国系特例枠」を使って彗星のようにデビューしたのがチェルシー・リー(26)=米国。
リー選手は女子バスケの強豪、KEBハナ銀行チームに去年新規加入しました。父系の祖母が韓国籍を所持していたというリー選手は新人王を含む6の個人タイトルを獲得。所属するハナ銀行は彼女の活躍もあり準優勝したのです。

大活躍を受けて韓国代表チームは彼女に「特別帰化」(二重国籍)の取得を打診。彼女もこれを受け入れました。今年の4月6日には韓国体育会が特別帰化を法務省に推薦。
順調なら法務部・国際審議委員会の審議を通過(速くて数日)で帰化が認められ、4月14日のオリンピックの予備エントリーに名前が記載されるはずでした。

ところが、肝心の彼女の特別帰化を認める審議委員会が開かれません。業を煮やした韓国バスケットボール協会側は早い段階で法務部に審査を要請したものの結局審議委員会は開かれることがありませんでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
何が起こっていたか?

チェルシー・リー選手が提出していた自分の出自を証明する書類が偽造だったんですw

祖母が韓国系だったというのは全部嘘(ニガワラ)。書類が怪しいと思った法務部が検察に調べさせた所、チェルシー・リー選手本人、また父親である「ジェシーリー」という人物の出生証明書が偽造されたものであると駐韓米国大使館から報告されます。
ジェシーリーという「父親」は存在しない架空の人物だというのです。

さらに彼女の祖母だというかつて韓国籍を所持していた女性は実在し1979年にアメリカで死亡していました。しかし遺族に照会した所、ジェシーリーもチェルシリーも彼女とは無関係であることがわかったのですw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どうやらチェルシー・リー側は、この実在した女性の死亡証明書を入手して父親と自分の出生証明書を偽造したんですな。かなり悪質な「詐欺行為」。

検察は彼女の出頭を求めていますが現在彼女はアメリカ滞在中。みがらを引き渡すことができるかは難しいかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こうなると特別帰化が、とか言うレベルではありません。

ハナ銀行は当然彼女を解雇。バスケリーグ側は、彼女の個人記録はもちろん、ハナ銀行のチーム記録まで抹消を検討。更にややこしいのは例えばリー選手のシュートをブロックした相手選手の記録とかはどうすんだよ!。赤っ恥に揺れています。

流石にこの詐欺的行為にハナ銀行は関与していないとは思いますが、見抜けなかった過失があるのも事実。責任問題になってたりします。

まあ今回は韓国だけを責めれませんが、あまりにも韓国らしいといえば韓国らしい事件ではありますた

0 件のコメント: