2016年5月14日土曜日

NYダウ暴落しる!(ポジショントークのコーナー)

NYダウのベアの上場投信というのがありまして、ダウが高くなった時に買い込みました。
そう、ダウ、急落しる、というわけです。



(最近、なぜ新天地は「しろ」ではなくて「しる」と書くんですかという問い合わせを受けたので。。
語源はこの写真)
2000年代は遠くなったなあ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
短期的にチャートを見ると(クリックで拡大。日足3ヶ月分)

 


17500ドルのところが変則的なヘッドアンドショルダーズのネックラインになっています。
此処を下に抜けると16000ドル程度までの調整があるんじゃないか?
そういう読みでNYのダウの「ショートポジション」をとったというわけです。今年4ヶ月で稼いだ種銭でかなりガッツリと。外れたら今年の利益パー。


さらに言えば、16000ドルの下値支持線はNYダウの「トリプルトップ」のネックラインでもあります。(あくまでこの前の戻りが天井ラインだったとして)

もう少し大きく見てみましょうか。(週足。クリックで拡大)



16000ドルまで新天地の読み通りに下げて、もしも、さらにそこをぶちぬいて下げていくならリーマンショック以来の調整相場になる可能性もあります。毎月ディーラーがクビになっていく下げ相場。今、はやっている銘柄たちは数年後100円とか倒産とかしたりする相場。
(第一中央汽船が1000円とかしてたんだ、確か当時。この前潰れたけど)

ファンド会社がオフィスごとなくなる相場。

夢が広がりますね。^_^

もちろん、利上げが続く(続かざるを得ない)というよみ。
あるいは大統領選挙は絶対マイナス影響という読みもあります。

今週は17500ドルを大きく下回ることはありませんでした。
此処が一旦支持線になるのか、下抜いてダウントレンドに入るのか。

結構微妙な位置にいると僕は考えています(あくまで僕の思い込みです)


----------------------------------------------------------------------------------
どれ位歴史的な位置にいるか、改めて思い起こしておきましょう
NYダウ月足10年分
 

 
我々はNYダウ史上最長の上昇相場にいることは忘れてはいけません。
不謹慎ですが、九州の人のようです。ずーっと大きな地震がなかったから、「九州は大地震とは無縁」と思ってしまったんですね。だから対応できなかった面も大きい。
 
すっと上げが続いたんで「コレクション」が続くことがあることを忘れてしまったかのようだ。わずか8年前の記憶なんですが。
 
もちろん今回、このまま下げに入るとは限らない。来週から下げる、今まで上げ続けてきたから、というのは、明日地震が起こる。最近地震なかったから、と言ってるのと同義。それだけでは確定はできない。
 
しかしながら、過去の記録を見れば、これ以上の上昇が続いたことは見当たらないと行ってもいい。確率論的にレアケースなんだな。加えて、利上げに入っていること、原油安資源安、中国不安定など下げ要因も相変わらず多い。スマホの低調など、変調も増えてきた。PCの出荷の落ち込みもキツイ。
 
まあ実は2015年からおんなじこと言ってるわけですが、今回こそ。
 
NY、暴落しる!!!!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なお、このブログは新天地の勝手な心境を述べたもので、その的中を保証するものではありません。当たってたら、後で自慢するために書いているものです。
 
なるほど!と思ってブログ通りにやってみて大怪我してもダーレも責任とりません。
苦情も無視します。念のため。
 
ブログを無視して損すると「ほら見ろ」、というかもしれませんがw
 
 

0 件のコメント: