2016年5月25日水曜日

フランスに衝撃走る。エイシンヒカリ、フランスG1イスパーン賞を10馬身差のぶっちぎり勝ち。

新天地が今最も好きな馬、エイシンヒカリ。年末の香港で「幻の最強馬」フリーイーグルなどを沈めたのに続いて、いまはフランス、イギリスのG1に挑戦するため武豊を鞍上にヨーロッパ遠征にでました(この時期日本に得意な1800mと2000mのG1がないため)。

さて休養明け初戦に選んだフランスのG1イスパーン賞1800m芝。例年、凱旋門賞で有名なロンシャン競馬場で行われるレースですが、今年は改修中のため、シャンティ競馬場で開催されました。(蛇足ながら、今年の凱旋門賞はシャンティで行われます。日本の馬には「有利」かもですね。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メンバーはフランスダービー勝ち馬で去年の凱旋門賞の前哨戦ニエル賞も勝っているニューベイ。此処二戦は調子を落としているものの昨秋のブリーダーズカップマイル2着のモンディアリスト。パリ大賞の勝ち馬で去年ジャパンカップにも来たイラプトといったところでしょうか。

まあ、イスパーン賞自体は「G1の中のG1」というほど価値は無いですがそれでも国際G1。過去には種牡馬としても日本で活躍したクリスタルグリッターズ、キングマンボの母馬名品ミエスクなど有名馬が勝っているレースです。

そしてフランスのダービー馬が相手というわけですから、決して楽なレースではありません。
(シャンティのレースは「格が落ちる」感は否めないですけどね)

エイシンヒカリはご存知日本の現役最強「逃げ馬」。ヨーロッパではこういう「勝ちに行くために逃げる」馬は一般的ではありません。逆に「ペースメーカー」と言って勝ち負けを度外視してレースペースをあげるための逃げ馬を有力馬陣営が出すこともあります。
最近ではスミヨンやデムーロ、ウイリアムズみたいに世界のトップジョッキーが日本で騎乗するようになり、「逃げ戦法」を逆に欧米に持ち帰るようになりましたが、それでも日本のように大レースが逃げ切り勝ちで決まることは少ないといえるでしょう。

さてレース。他陣営はペースメーカーを用意せず。エイシンヒカリがハナを奪ってレースを進めると思われましたが・・・・。

先手を取ろうとしたものの、ハナを奪えず。ここで武豊は逃げた馬を先にいかせて二番手追走を選びます。逃げられないと勝てない、と思われましたが直線でうまなりで先頭に立つとあとは一人旅。重馬場が影響したとはいえフランスの競馬関係者にとっては衝撃のレースになったことは間違いありません。

去年の香港を勝った段階では「まぐれ」と思われていたエイシンヒカリですがこれで人馬ともに世界のトップレベルに伍すると宣言したようなものでしょう。

次走は予定通り6月15日のプリンス・オブ・ウェールズG1、芝2000mアスコット競馬場に向かう予定。POWは今回のレースより更に相手が強くなるのは間違いありません。春の中距離馬の最強を決めるレースと言ってもいいでしょう。女王陛下の御前開催、イギリスの競馬の祭典「ロイヤルアスコット開催」の中でも最高額の優勝賞金を誇ります。(優勝賞金75万ポンド 訂正、42万ポンド。一ポンドは約160円)

G1になったのは2000年からと比較的最近ですが、これは競馬がスピード化する中で2400mを勝つ馬よりも2000mで勝つような馬が認められるようになった世界的な流れかもしれません。
2000年以降の勝ち馬を見ても、ドバイミレニアム、ファンタスティックライト、ウィジャボード、マンヂュロ、ソーユーシンクなどそうそうたるメンバーが並びます。

ただ、去年の覇者フリーイーグルをエイシンヒカリは年末の香港で破りました。今の勢いなら「ロイヤルアスコットで日本人の馬と騎手が勝つ」というそれ何の競馬漫画?というような一昔前なら想像できなかったシーンが達成されるかもしれません。

それにしても此処最近の武豊は本当にすごい。神がかってる。まるで全盛期が蘇ってさらに競馬の神様がバックに付いたかのようだ。

0 件のコメント: