2016年5月26日木曜日

伊勢の「な言葉」

三重県、特に松阪から南の地方では「伊勢のな言葉」と言われる方言が使われる。

代々木ゼミナールの国語の先生が大昔テレビで言ってたんだが、な、を疑問形と考えれば「疑問形で終わる」のが通常という言語は世界的に見て珍しい、とのこと。

(もちろん、「な」は間投助詞なんで、疑問形じゃねーだろというツッコミはあるんだが)

たとえば「今度遊びましょう」が伊勢の方言では「今度遊ぼな」という言い回しになる。
相手に同意を緩やかに疑問形で求める言い回しだと。

暮らしの知恵で争いを避けて合意を得ようとする言い回しなんだな。と。

(伊勢というか三重県の一部では「な」が使われるんだ。たとえば

あのな、私とあなたな、酒の見に行こうな、ってな具合。あのねではなくあのな。私と貴方で、ではなくわたしとあなたな。酒のみにいこうね、ではなくいこうな。

便利な間投助詞なのだ。

なおこれを知ってても。一円の特にはならんがw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
伊勢でサミットが開かれる。

色んな意味ある合意がなされますように。


あ、個人的には経済合意に失敗して株価暴落してくれれば・・・


失敗したらなー(伊勢弁で)

0 件のコメント: