2016年4月21日木曜日

燃費至上主義

三菱の軽自動車の数字問題。

これはミライースの登場とその後の驚異的な燃費向上競争があったのは疑いない。

幾つかのネット情報を見ていただければわかるが、ミライースは第3のエコカーと言われるほど燃費に優れ、しかもパワーも最低限備えていた。

これにコンペティートするために軽自動車各社は涙ぐましい努力で新車を改良、開発していくことになる。ホンダなんかはモデル初期と末期ではかなり違う軽が幾つかあるくらいだ。

しかしながら三菱自動車には「お金がない」そこで日産と協業することで販売数を稼ぎ材料調達コストを下げてなんとか戦える車を作った。
テレビ放送(ガイアの夜明けだったか)でその様子も放送された、最後まで燃費にこだわり「よし、これで行ける」ってな風景も放送されたと記憶している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方で社を上げて新技術を投入したダイハツに比べると、三菱には新しい設計生産を行うお金が不足していた。もちろんブラッシュアップはされているが、問題となった現行EKに積まれたエンジンは以前販売していたミッドシップ軽自動車「i」のものを改良して使わざるを得なかった。

現行EK系に乗る機会があったら、左足の置き場所に注目して欲しい。
FF車にもかかわらず、左足近辺がボコっと盛り上がった形をしていて足の置き場が窮屈なんだ。
これは旧型EKワゴンよりも明らかに退化した部分。
これはもともとミッドシップで設計されたエンジンをFFに搭載したために、排気系の取り回しが「うまく行かず」フロア側に出っ張らざるを得なくなったことによる。新型エンジンを投入してきた競合他社には無い「欠点」ということになる。

初手から燃費競争でハンディを背負ってたんである。しかし後発組なら、先行他社よりいい数字を出せというプレッシャーは当然あっただろう。できなきゃクビ。そういう会社だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いま、日本で採用されている08モードの燃費を素直に信じる人はいまい。
40kmハシリますというプリウスだって多分20kmをこえる実燃費が出ればOK位だろう。

また、クラスナンバーワンとか業界ナンバーワンの数字をうたうために「燃費スペシャル」とやゆされるモデルをラインナップすることも多い。
燃料タンクを小さくしたり、快適装備や遮音材をカットすることで「テストの成績」をあげようとするもの。こうして「実際の燃費には関係ないけど、ええいテストの結果さえ良ければ」ってな感じでそういう車ができてしまう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
三菱はその感覚の延長線上で「ズル」したんだろう。

どうせ 実燃費は公表されるテスト数字とは乖離しているのはみんな知ってること。
ズルしたって深刻な問題にはならないんじゃないかな?ばれないし。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そもそもリソースがあればそんなことしなくても
良かったのかもしれないが。。。

集中しようにもリソースがなかった。

マツダはスカイアクティブの名のもとに新世代エンジンを次々世に送り出したわけで。
マツダはハイブリッドとか電気自動車を捨てて現行エンジンに注力して成功した。
今後はどっかと提携せざるを得ないんだろうが。

三菱はエンジン開発に全力を注げなかった。結果論だがそれは経営ミスでもあると思う。
どうせその責任は問われないんだろうから、ささやかにここで指摘して置きます。

普段三菱車に乗ってる僕としては寂しいな。
ディアマンテとEKワゴン(旧型)を乗り継いできた僕としては。

0 件のコメント: