2016年4月22日金曜日

上値遊びから放れるか?

チャートで上値遊びってのがあります。

おおきな陽線を書いたあと、7日から15日程度小さな足が続き、その後ギャップアップしてさらなる上昇パターンに入るものです。

「利食い売り」や「新規売り」、買い戻しや更に買いまししたり新規参入する人間のエネルギーでサイドウェイムーブメントするんですな。
しかし結局は買いがまさると、均等が崩れて更に上がっていく。

コメのような一旦動き出したらドーンとあがてしまう商品相場とか、仕手株なんかでもよく見られます。

さて、カーバイドです。


厳密に言うと高値遊びでもないんないんですが、変則的な高値遊びの形と言っていいでしょう。
崩れ高値遊び、みたいな。
これ完全に「チャートを描いて」来ました。今日の引け値を大陽線で終わらせるべくいままで売らせておいて、今日「買って」きたんです。
12日に比べて出来高少ないでしょ?売りの抵抗が弱いんですね。

来週窓を開けて始まるなら更に上があるかも。
佳境に入ってまいりました。

昨日お告げをくれた人の囁きは今のところあたっています。新天地は161で抱え込みました。まだ売る気はないようです。まあ今日の終わり値が最後の売り場かもしれんけどねw

カーバイド売買するの20数年ぶりかな。
自己の時は一回も触ったことのない「仕手系材料株」

上がりますように。


0 件のコメント: