2016年4月30日土曜日

ほっともっと、韓国で本格展開へ。「べんとう」は韓国に根付くか。

ほっともっとを運営するプレナスは、韓国で合弁会社が本格的なフランチャイズ募集を始めると発表した。(16年4月28日発表)

もともとほっともっとは2012年から韓国の東源水産と組んで試験的に直営店を3店舗営業してきた。「行ける!」という判断で本格展開に踏み切るのだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
韓国では日本で言う弁当チェーンのトップが「ハンソ」。しかしそのハンソにしても650店規模でしか無い。(日本のほっともっとが2800ある。人口とか、経済規模とか生活習慣の差があるので単純比較できないが)

さらに韓国でも、日本におくれて「外食から中食」に進むという読みもあるんだろう。
景気が伸び悩むことで外食が減ること、さらに高齢化や世帯毎の人間が減ることが中食を増やすと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まあ、仮に600店舗増えたところでそれほどのインパクトは無いかもですが。

これがうまく行けば中国やアジアに道が広がる可能性はあります。
お手並みはいけん。悪くないニュースだと僕は見ています。

0 件のコメント: