2016年4月22日金曜日

車速を測るって。

小野測器を買い込みました。って言っても100万円分も行かないですが。

なんでか?ここは昔から自動車の速度をはかる装置を作っている会社だから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
燃費試験、今まではシャーシダイナモに乗せて測っていました。
車自体は動かない装置でタイヤだけ回して測るわけです。
ハツカネズミみたいですね。

でもVWの燃費問題もあったように、実際に走行したほうがいいんじゃないの?ってな話になるんじゃないか。三菱ブーの問題は計測装置の需要を変えていく。

新天地はそう連想したわけです。

そうなると実際に車走らせて、燃費図ろうよと。そしてそのさい、できるだけ正確に速度(加速減速)を測るようにしないとダメだよねと。

え?車には速度計付いてるでしょ?
もちろんついてるけど、あれ結構誤差があるわけです。必ずしも正確ではない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そこで小野測器の速度計というわけです。

GPSと慣性装置を組み合わせて緻密に正確に速度を測る。
 
 
こんな感じのを車に積んで計測します。これならインチキできないでしょと。実走行の速度で。
 
まあ今は妄想かもしれません、
しかし自動車各社はモード燃費をひねり出すのもさることながら、実際に走った時の燃費の良さを求められるようになっていくんでは?
 
実際、最近のリーフやプリウスはそういう努力をしてきています。
そんな意味からもこの「速度計」の需要は伸びるかなあ、と。
というか伸びてほしいなあw伸びないと困る。働け^_^

0 件のコメント: