2016年4月12日火曜日

小野薬おさらい

最近、小野薬を検索ワードにして此処を訪れる人が多いので、改めて書いておきます。

○小野薬品が急騰しているのはオプジーボという薬のせいです。

○がんの薬ですが「チェックポイント阻害剤」と言う名前のあたらしいタイプのクスリです。いわゆる抗癌剤とは違う画期的なタイプ。直接ガンを殺すわけではありません。此処がポイント。

○ガンは、増殖する際、人間の「免疫」にブレーキをかけることがわかってきました。
人間の免疫は正常な細胞は殺さず、がん細胞など異常な細胞を殺す働きを本来もっているんです。しかしガンは人間の免疫システムの「ブレーキ」部分に働きかけ、免疫をうまく働かせないようにして自分たちがん細胞を守っているんです。

○そこで「チェックポイント阻害剤」の登場です。
免疫のブレーキの「スイッチ」の部分を予め蓋をしてしまうような仕組み。ガンが患者の免疫システムにブレーキを掛ける前に「オプジーボ」がそのブレーキを「かからなく」してしまうんです。
ブレーキがかからない免疫システムがガンを攻撃することでガンが治療されると言うわけ。

○今まで全く効かなかったがんに効く、副作用が比較的少ない、そして幅広いガンで効果が期待される。これが注目される理由。
普通、年間売上が1000億円を超えるクスリをブロックバスターと呼びます。4月11日付けで会社が発表した今季の売上予想が1260億円。
そしてこの根拠の患者数が肺がん患者15000人が使うと見てるから。


○それだけなら「ふーん」な数字です。
しかし肺がん患者日本に5万人いるんです。世界には???

一つ言えることは売上1260億円は「予想としては下限」新天地は今季少なくともその倍は売って欲しいと思ってるくらい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
小野薬は日韓などでオプジーボを販売します。その他の国ではブリストル・マイヤーズに任せロイヤルティーをもらう契約。

こっから、利益がどれだけ伸びるんだよってのが株価を決める。
めちゃくちゃ強気な人は2020年に税引き前利益で1兆円まで行くんじゃないかと・・・。(流石にこれはムリあると思うけど、いまは大相場形成中なんで文句はいわん)

時価総額2兆5000億円くらいですから、まだ上昇余地があるってことに


一方、未知の副作用や「期待したほど効果がない可能性」、あるいはもっとよく効く後続薬の登場の可能性もあるわけです。そうなったら。。。

更には国内だけで数千億とか1兆に迫ろうと言う売上をすれば、保険財政の根幹にも関わる話。薬価引き下げ圧力も高まるかもです。

これらがマイナスポイント。しかもいつかは特許はキレるわけで。どこまで独占的な商売ができるかどうか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
チャートは綺麗すぎる二次曲線。これが崩れると下げるのも速いのは確か。楽しいけど空中戦になります。

0 件のコメント: