2016年3月2日水曜日

JR東海の最高裁事故判決

まずは状況から

ある痴呆の老人がいた。老人には同居する配偶者と遠くに住む息子がいた。

老人は徘徊癖があり、家族はデイケアを利用したりして監視するようにはしていた。
しかし、奥さんがウトウトした隙に徘徊。電車に乗りさらに線路に降りて人身事故が発生。

JRは振替輸送を行うなど大きな損害が発生した
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これに対し、JR東海は事故を起こした痴呆老人には責任が問えない(いわゆる責任無能力者扱い)と判断したものの、痴呆老人について、配偶者と息子に監督責任があると主張。

監督責任を果たさず徘徊したのであるから配偶者と息子は生じた損害について責任を追うので賠償しる、と訴えた


民法714条。(行政書士試験ではここまで聞かれないけど、将来的には記述問題で聞いてくる可能性あり。他のもっと難しい試験を受ける人は常識として勉強しておきましょう)

  1. 前二条の規定により責任無能力者がその責任を負わない場合において、その責任無能力者を監督する法定の義務を負う者は、その責任無能力者が第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、監督義務者がその義務を怠らなかったとき、又はその義務を怠らなくても損害が生ずべきであったときは、この限りでない。
  2. 監督義務者に代わって責任無能力者を監督する者も、前項の責任を負う。
これによってJR東は損害賠償を求めたというわけ。
裁判は配偶者と息子が監督義務者であるのか、そして監督義務者だったとして義務を怠らなかったのか、これが争われた。

被告側は、配偶者も障害者認定を受けているという事情、また息子は同居しておらず、なおかつデイケアサービスを組み合わせた介護体制を組んだことなどを理由に義務を怠った監督義務者には当たらないと主張。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一審の名古屋地裁は家族内で主導して認知症老人の介護方針を決めていた別居の長男について「監督義務者」であったと認定。さらに配偶者についても一瞬であってもまどろんで目を離した過失があったとして長男と配偶者に損害賠償を命じた。

両者が控訴すると二審の名古屋高裁は「別居していた長男に監督義務はない」と判決。一方で配偶者については「特段の事情がない限り」同居する配偶者には監督義務がある、として配偶者のみに賠償を命じた。

これが最高裁まで争われたというわけ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回の裁判は714条について最高裁が踏み込んだ判例を残したと言う意味で非常に大きな意味がある。高齢化社会の進展で今後も認知症が進んだ人が起こす不法行為、賠償問題は増え続けるだろう。それに対する指針となる。

最高裁の結論としては「同居の配偶者といえども必ずしも直ちに監督義務があるわけではない」としている(少数意見(2人)は配偶者は監督義務があるとしている)

同居の配偶者について監督義務者である、としたJRの主張は
民法752条の
夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。

という条文による。配偶者は当然監督義務者でしょ?って言う訳。

これに対して最高裁小法廷の多数意見は
「夫婦の扶助義務は相互に負う義務であり、第三者との関係で監督義務を基礎付ける理由にはならない」
とした。

その上で監督責任者であるかどうかは
「同居の有無や問題行動の有無、介護の実態を総合考慮して、責任を問うのが相当といえるか公平の見地から判断すべきだ」
とした。(ここが一番大事。今後の裁判はこの基準が最高裁判例となって争われることになる)


その上で今回の案件について
>妻は介護に当たっていたが自身も要介護度1の認定を受けていたと指摘。長男についても「20年以上同居しておらず、事故直前も月に3回程度、男性宅を訪ねていたに過ぎない」とし、いずれも男性を監督することはできなかったと認定した。

個別の事情を組み、上記の判断基準を当てはめて「監督義務者ではない」と判断し賠償責任はないとしたわけ。

逆に言えば同居していて充分に見張ってなかった、しかも徘徊グセがあるのに、というケースであれば今度は監督義務者に認定され、その責任を問われる可能性があるということになる

無条件に介護の家族の責任がないということでもないことに注意が必要だろう。

そして。
今回は被害者がJR東海だから「それくらいお前のところでなんとかしろよ」っていう国民感情も成り立つ。
でも被害者が一般の人だったら。
マイホームに火をつけられて燃えちゃった。誰も責任取れないんです。

あまりにも監督責任を限定的に解釈するのも被害者救済の意味からは問題あるのかなと。
何かしらの立法措置が必要かもね。

0 件のコメント: