2016年3月12日土曜日

新しい設計思想、古い人間の排除。それが奏功するかどうかはわからない

ニッサン、国内販売不振の責任とったか、偉い人がニス○に飛ばされる。○スモはえらい迷惑かもしれないがw

ホンダに続いて「人」から改革する姿と言っていいと思う。
今までが守りに入りすぎた。ひょっとするとニッサンも切り返してくる場面があると思う。

モリゾー社長でトップに立ったトヨタ。遅ればせながら「戦犯」を切ったホンダ。車がすきではない?中の人をニ○モに飛ばしたニッサン。
人は城、というのを証明するモデルケースと思います。ニッサンの株もフォローしないとなあ。

未だにクルマというか自社の技術が嫌いな?トップがいるのはMMCだけになったね。
会長が死ぬまでダメかもね。誰も鈴をつけに行かない。
不毛地帯の壱岐さんみたいな人はおらんのか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
加えて、新しいプラットフォームが続々お披露目。
ハイテン鋼材の多用、接着剤、レーザー溶接、その他諸々強度をます工夫がされている。
今までのスポット溶接で組み立てやすさだけが(語弊あるけどね)重視されたクルマづくりから、一段上の走行性能を求めて。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まえも何回も書いたけど、自動車業界はルールチェンジの時が迫る。

もともと「自動車会社は数が多すぎる」。
そしてエンジンは電動化し、全自動運転を軸に新規参入会社が出てくるだろう。
電気会社は、白物家電から自動車の電装品に移ろうと水面下で動いている。

あるいは新天地が妄想するようにカーボンの時代が一気に来るかもしれん。

いま、手をうっても「もう遅い」かもしれんのだ。人を入れ替えてもうまく行かんかもしれんし、新しいプラットフォームが新素材の次世代品に「陳腐化」されるかもしれん。

でもいま手を打たなきゃそれでゲームオーバーだし。

0 件のコメント: