2016年2月14日日曜日

マーケットは電気羊の夢を見るか。

siriの話からひやくする。

ブレード・ランナーの原作になった、アンドロイドは電気羊の夢を見るか、というSF小説がある。

なに読んだことない?
今すぐ本でも電子書籍でもいいから、読むように。社会人の一般教養、最低限のだから。
夏目漱石の坊ちゃん読むのと同じくらいの。

さておき、小説の世界では生き物が激減し代わりに機械仕掛けの生物が存在する。
詳しく書くとネタバレするが、あまりに精巧さが増した機械と本物との差はどこに、、、、
ーーーーーーーーーー
マーケットでは、機械仕掛けの注文が増えこそすれ減っていくことはないだろう。
まさにアンドロイドが闊歩するせかい。

人ではなくアルゴリズムが支配する世界。
いつか、人が直接注文を出すことが限りなく少なくなる時が来たりしてw

iPadに銘柄入れておくと、siriが勝手にタイミングを計りながら注文を出すの。

我々が見るのは電気羊か電気鰻か。はたまた。


今のマーケッツwそんなんだよね。

0 件のコメント: