2016年2月1日月曜日

結局、総合力

サッカーオリンピック代表、韓国に「大」逆転勝利。
2-0とされて、相手には「祝勝ムード」さえ感じられた。しかし、後半に三点とった日本の逆転勝ち。
韓国は強めのプレッシャーをかけて日本の「つなぐ」サッカーをさせない作戦で見事に日本の攻撃をおさえ、ぎゃ気に優れた個人技で日本に2-0とリードした。

しかし、日本は「韓国は後半スタミナがキレやすい」「後半になると裏をつかれやすい」というスカウティングがあった。
後半途中から「裏を取るのが得意」な快速FWの浅野を投入。結果的にこれが当たった。
そして、後半途中から明らかに運動量が落ちた韓国に対し日本は後半のほうがむしろ守備が安定した。韓国は、2-0トリードそたところで守りに入る選手交代をせず、ボールをゆっくり回すなどの試合のコントロールをせず。完勝を期すならそうゆうずるさと言うか老練さをみせるべきなんだろうが、そういうところは「若さゆえに」発揮できなかった。日本に勝てる、という浮足立ったところで基本を忘れたか。

韓国は二点をとったあと、守備得意の選手を入れず、むしろ三点目をとって日本を叩きのめそうとした。そこにおごりがあったか。2-2の同点にされたあと、慌てて決勝点をとりにパワープレー要員を二人投入したけど、逆に守備のほころびをつかれて日本に逆転されてしまった。

もっとも。控えに「守備が得意」な選手が手薄だったのかもしれんね。韓国は攻撃手が豊富だったが終始守備陣が不安定だった。特にスタミナがキレる後半に。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もう一つ、日本チームが「決勝トーナメントを見据えて」できるだけ選手を入れ替えて試合をこなしてきたことで選手の疲労を抑えてきたのに対し、韓国は疲れが最後に足に来たか。足を痙攣させてしまう選手も出た。とばし過ぎた面もあるだろう。

韓国では「監督のマネジメント、選手交代の差で負けた(実力は韓国のほうがうえでミスで負けた)」っていう論調も強い。しかし結果として、決勝戦まで逆算して選手をターンオーバーして起用した手倉森監督の手腕を褒めるべきだと思う。

またターンオーバーしてもクオリティが保てる選手が人数そろっていたことももちろん勝利の要因なんだろう。結局ベンチワーク、総合力の差がでたと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それでも、決勝戦で2点も取られているようではオリンピックでは苦労するんでしょうね。
もっとそこあげしなとダメなんでしょう。
難しいですねえ。

0 件のコメント: