2016年1月9日土曜日

経営者って大事だよね

例えばカルビー。
有名な話だが、カルビーはジョンソンエンドジョンソンの日本法人トップだった松本氏を2009年に社長に迎い入れた。
当時利益率1%に過ぎなかったカルビーの利益率は10%ある。しかも売上はどかどか上がり続けている。もともとブランド力、生産力はあったが無駄が多かった会社が優秀な経営者と経営判断を得て「全く違う会社」に生まれ変わったと言っていいと思う。

あるいはアルプス。
同族経営だったアルプスは今の社長になってから、株価がドドーンと上がった。
人を減らさず、自分の会社の強みを活かしたら、他社は誰もついてこれなかった。
潰れかけたといったら御幣があるが、株価がものすごく安かったアルプスは今や「値嵩株」だ。

あるいはトヨタ。
お坊ちゃんと思われた、トヨタ社長は「走る」車、もっといい車を標榜して明らかにプロダクトが変わった。
お金にならないようなものもきちんと作るようになった。
もちろんそれでいてコストカットは忘れていないし、きちんと数も増えている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新天地は一昨年からアツギの株をちょこちょこ買っています。全然上がらないけどw

この株昨日の株価118円。四季報によれば、一株資産292円とか。。。有利子負債ゼロ。
配当利回りで2.5%位。
現金?あれこいついくら持ってやがるんだ!!!

なんでそんな株が上がらないか。利益が少なすぎるから・・・・。
でもって売上は伸びず。利益低迷。こんだけお金持っててそれだけしか利益うんでないのかと。
アツギっていうブランドネームがありながら。。。。

様々な指標が意味するところは「上場してる意味あるの?」もはや解散してお金配ったほうが。。。
辛辣な言い方をすれば経営失格でありますな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おそらく、経営者が変われば株価がどかすか上がるイメージある。
あるいは海外で売れれば利益は上がる。
さらに、値段が安くて規模がそこそこの大きさで「潰れない」

仕手化させるには好都合。(2008年ころKという人の名前を使って相場があったこともある)
オカモトがインバウンドで上がったように此処だってやり方次第では・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
と考えた人が他にもいるのか、株価はどんどん上昇はしないものの(儲かってないから買い上がれないよな)実は下値はジリジリ切り上がってる。

この基調が続いたら、一年か2年のうちには、とおもってるんだけどね。
そう思いながら1年経ってしまった\(^o^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
遅まきながら?会社は自社株買いでROEを上げようとしているし、実際この自社株買いで株価を買い支えた面もある。
しかし「自社株買い」するってことは他に有望な投資先が見つからないって自白しているようなもんでもある。
株主としてはもうちょっとなんとかならんかと。どっかから年俸一億二億払ってでも優秀な人材を連れてこれないか?
大株主の東レとか当たりにいい人いないのか?

そんな風に思ったりもします。
なんでもいいから利益上げて儲けてくれw
株主総会行って騒いでこようかしら?????


この株も「親子三代」で保有したことある株。祖父も母も持ってたことある株。
愛着は有るんだ。

0 件のコメント: