2016年1月29日金曜日

心神、空へ

自衛隊というか防衛省が「X-2」を公開。

以前から軍事マニアの間では「心神」というコードネームというかアダ名が知られていた機体です。

Xナンバーというのが「研究機」であることを示しています。どういうことかというと、この飛行機は「飛ぶだけ」。武器とか敵を発見するレーダーとかそういうものは全くついてません。

これを「戦闘機」と書くメディアがたまにありますがそれは完全な間違い。あくまで実験機なのでこの飛行機が戦うことは出来ませんし、この飛行機の形のママ新型戦闘機が作られるわけではありません。プロトタイプすらなく、いわば「コンセプト」(ですらないかもしんない)

将来、(多分第六世代戦闘機)と呼ばれる飛行機を国産生産するための研究に使う飛行機。

なので実際の戦闘機よりも小さいし、エンジンもそれほどたいしたことありません。
ちゃんとステルス効くのかなあとか、エンジンの方向性はこれでいいんだろうか?とか最先端の機体コントロールはこれでおッケー?とか調べるための飛行機です。

多分、カーボンも大活躍してますが、今更ですね。
そのほか、セラミックや軽金属、高張力鋼などが使用されており、新素材の見本市のような状態。
約200社ほどが自慢の素材を提供していると言われています。

防衛庁が言うには、既存のレーダーでは虫よりも大きく、トリよりも小さく映る。F35は機動性が劣る(ステルスや高速性のため)と言われれいますが、X-2はステルス性を維持しながら機動性を確保した、と主張しています。エンジンは国産(IHI謹製)で可変ノズルを採用。噴出先をコントロールすることで機動性をアップさせる最新のトレンドです。このエンジンはいわゆるアフターバーナーを使わずに音速を可能にしており?レーダーにも捉えられにくいようになっているとかいないとか。

一方で、無駄にお金もかけられないんで、キャノピー(風防)はT4ジェット練習機からの流用。主脚部分(タイヤがついた足の所)はT2練習機からの流用だとか。そのほか、いろんな国産機からの流用部品も多いそうです。


なお、色が派手派手なのも実験機だから。戦闘機がこんな派手なら目立っちゃう。ガンダムじゃあるまいし。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
気合入れて研究機を作りました。

じゃあ、日本がF2みたいに日本独自の戦闘機を作るんか?というとおそらくそうじゃあありません。

いまの戦闘機はステルスはもちろん、高度なエンジン、高度な「リンクシステム」(いろんなレーダーや僚機との演算リンク)あるいは無人化など飛躍的に高度さを増し、連れて開発コストも爆発的に増えています。F35のように不具合連鎖で開発が遅れまくる、開発費が想定より膨れ上がるなんてこともあります。

国単独で次世代戦闘機を開発できるのは、もはやアメリカ、ロシア、中国だけでしょう。その三国さえも次、あるいは次の次は国際協力体制で行くと思います。

でも。F35みたいに国際協力になっても、独自の技術を持ってない国は共同開発にさえ組み入れてもらえないでしょう。独自で開発するぞ!ていうくらい高い技術を持ってないと相手にされない。日本が他の国から相手にされるように実力は保持していく。

そこまで考えての研究実証機でしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
来月初飛行予定。株価には?

まあ全く影響ありませんな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参考
双発エンジンはIHI。双発なのは信頼性を高めるため、もありますが単発で大きな推力を得られるエンジンはまだ作れないからという人もいます。
まだアメリカくらいしか実用化していない可変ノズルを採用しており、機動性を高めると言われています。

世界一優れた推力、は持っていませんが、推力に比べると小型軽量、低燃費なのがうり。
軽くなれば当然その分飛行機の性能は上がります。日本がF2を作った時には結局「エンジンが作れない」というのがネックでありました。このエンジンありきで「国産」が実現するとさえ言える非常に重要なパートになります。
この分野ではアメリカが抜けて強く、ロシアは性能は実現できますが耐久性が大きく見劣りするとされます。中国に至ってはまだまだなんだとか。此処に割ってはいろうと言うわけです


主翼、尾翼は富士重工が制作。材料のカーボンは東レ?。防衛庁によれば機体の三割がカーボンで作られています。
胴体は三菱重工の担当。これら部品の最終組立は三菱重工の小牧が担当します。




特徴的なキャノピーですがT4からの流用。座席一式もT4と同じ形だそうな。(川重製造らしい)
。主脚、前脚ともにT2戦闘機の物を流用しています(三菱重工かな)。この辺はこなれた部品を使うことで信頼性も下がらないし、もちろんコストダウン、部品供給の容易性なども考えてのことでしょう。

0 件のコメント: