2016年1月22日金曜日

指紋認証を過信するなかれ

新天地は行政書士です。だいぶ前ですが離婚についてのお話を聞いてきたことがあります

(行政書士は、裁判になるようなケースは扱えませんが、本人同士の話し合いがまとまり、離婚の条件などをまとめた書類を作ることは出来ます。裁判になるようなら、弁護士を紹介します)

雑談で。

そこに至るまでの証拠集めについて聞いたのですがやはり一番多いのは携帯電話のメール、ラインから発覚するケース。怪しいな、と思って浮気されたほうが浮気してる配偶者の携帯をのぞき見するケースなんだそうでつ。

最近のスマホは、標準でロックかかっているでしょって?
大体が4桁のパスワードなので誕生日か車のナンバーでひらいたりするそうです。

あるいは携帯電話を操作しているところを何気なく観察されて数字を「盗み取られたり」。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そして。

これはネット上で流れた情報で「浮気された方ならネット見てて常識」なのだそうですが。。。

指紋認証、これが一番危ない、んだそうです。

例えば、寝ている旦那さんのもとに旦那のiPhoneを持って行き、iPhoneを旦那の指を使って指紋認証でロック解除してしまう・・・。そりゃ「鍵が堂々と落ちている」んだから使うよなw

こうしてアップルが誇る?セキュリティはいとも簡単に破れてしまい、大騒動になるんだそうな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
センテンススプリング」に情報提供した人も、案外そんな風にやったのかもね。

0 件のコメント: