2016年1月25日月曜日

ニュートラル

バス事故。事故原因は特定されていないが、少なくとも運転手はフットブレーキを作動させており(ブレーキランプが国道事務所のカメラで確認できる)、事故後の検証ではフットブレーキの系統に異常はない。

最大速度が100キロを超えた状態だったが、事故直前には80キロまでは減速していることがビデオ分析やタコグラフから判明。少なくとも運転手はフットブレーキを踏んで減速しようとしていたことは確かだ。(居眠りの線は完全に消えた)

ところでバスはギアが「ニュートラル」の状態だったという。エンジンと車軸が繋がっていない状態。
もちろん、事故の衝撃でギアがニュートラルに戻ったしまった可能性はあるが、もしニュートラルになった状態でバスが走行していて事故になったとすれば、「エンジンブレーキ」(ギアがローギアな状態ではエンジンのピストンなどが抵抗になって車を減速させる作用がある)、「排気ブレーキ」(エンジン、とくにディーゼルエンジン)だけではブレーキ効果が弱いが、排気管に繋がるバルブを閉じることでより抵抗が増加して、減速効果が上がる装置)がまったく働かなかった可能性が出てきた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
高速で走行中の車、特にトラックや大型バスでは、いきなりローギアに入れると、エンジン回転数が急激に上がってしまいエンジンが怖てしまう。なので、あまりにも「回転数が合わない」時は元のギアに戻るか、もしくはニュートラルになってしまうような安全装置がある。

あるいは運転手は「エンジンブレーキを効かせよう」としてギアチェンジをしたがギアが入らず、パニック状態になってしまったのかもしれん。冷静に「入る」ギアに入れて、一段ずつ落としていくしか無いんだ。2速に入らなければ3速、3速ダメなら4速。ギアが入ったら減速しながらギアを落としていくしか無い。そう、「同時にハンドル操作を行いながら」。難しいよ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
パニックになってしまったら、どうしようもないでしょうって?フットブレーキだけではもはや充分に減速できん。それが普通の乗用車と「大型」の違い。どうすればいいか?

もうそうなってしまったら選択肢はあまりない。ガードレールに擦りつけて速度を落とす。そんな事言うのは簡単だけどね。


結局、下り坂ではそんな「制御出来ないような速度まで上げない」これしかない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あるいは坂の頂上では60キロ位だとしましょうか。普段なら制御できる。
しかし60キロで下り始めて坂が続いたせいで80キロ100キロまで行ってしまい、制御できなくなる。

坂道が続くいてこれから車が加速してしまうことがわかっていたなら坂の頂上ですでに60キロよりももっと減速しておくべきなんだろうね。

新天地が、この事故で「大事なのは高速で動くバスを制御する技術」ではなく、あの坂道で予め高速にならないように操る技術、知識、が必要だったというのはそういうこと。

下り坂、しかもまだカーブが続く道で80キロ100キロ出してたのがそもそもの間違い。
充分に減速して降りていくべきだったのだ。。。普通のプロ運転手なら意識するまでもなくやってることなんだが。。。

0 件のコメント: