2016年1月29日金曜日

反復継続

マニアックなお話です。与太話でもあります。

例えば、税務署に出す書類、奥さんが代わりにつくってくれる、そんな家も多いと思います。
じゃあ奥さんが税理士法で捕まるか?そんなことはないですよね。

僕はいくつか不動産を持ってるようですが、名義変更の手続は家族がやりました。
登記も変えてる。司法書士法で捕まるか?捕まりません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それぞれの士業が独占業務と定めている業務。これを代理でやったらどこまでオッケーでどこからダメなのか。。。

2つのケースが考えられます。

一つはその法律に「報酬を得て」してはいけない、と明示されている場合。
これはもう報酬を得たらダメ、ということになるかと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もう一つは単純に「他人の依頼を受けて、次に掲げる事務を行うことを業とする」と各士業に認められた業務。

これは「反復継続」して行うとダメ、と言う解釈でいいと思います。
報酬を貰わなかったにしても、不特定多数の人のを代理でこなしたりすれば「アウト」なのかなと。

じゃあ税理士さんがサービスで登記やってるケースは無いの?と聞かれると「ある」が正解でしょう。オッケーか?と聞かれたら「ダメ」だと思うけどうーん、かな。余計なことは言えない。

いやあくまで「本人」が申請ですから、というわけですが、いざとなったら「通らない」(仮装本人申請だ、とでも言われましょうか)話かなあ。

どっかで恨み買ってて、チクられたら少なくともガミガミ言われる。
最悪新聞に出る。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕の知ってるある行政書士さんはパチンコ屋の風営法の手続きを得意としています。
その人がたまたま言ってたのですが、もちろん、会社関係の登記くらい出来るよ。実際、オーナーからそこまでやってよ、と言われることも多い。でも私はやらない。きちんと分けて友達の司法書士にやってもらう。

僕自身はこれが正解だと思っています。一応「法律関係の仕事なんで」ということですかね。

一々目くじら立てんなよ、という話でもあるのかもしれないけど、実際捕まったり在宅起訴されたりするケースもあるわけで、そこは手を出しちゃあ行かんのだろうなと。

0 件のコメント: