2016年1月29日金曜日

ジカウイルスの影響(ちょっと書くの遅すぎた、ごめん)

ジカウイルスが株式市場で?猛威を振るっているようです。

ジカウイルス自体は古くから知られている病気。
1950年台から知られており、蚊が媒介する気温が高い地域の病気です。

有効な薬はなく、安静にするしかありません。発熱がありますがデング熱ほど激しくはなく、致死率もそんなに高くないそうな。

ただ、去年今年と一部の地域で流行し問題になっているのが「妊婦がかかると小頭症の子供が生まれるリスクが高まる」という所。ジカ熱の影響で?ブラジルのある州では小頭症の発生数が実に75倍に増えたというのです。当然、ジカ熱にかかっていないお母さんの子供も入れて75倍ですから、おそらく感染した母親から小頭症の子供が生まれる可能性はこの何倍も高いものと思われます。


(小頭症にかかると知能の発達に大きな問題をきたす)

有効な対策がありません。蚊に刺されないようにするしか無いわけです。流行していると思われる地域には行かない。特に妊娠している可能性のある人。(とCDCも言っています)
そして怖いのはデング熱のように日本を含む他の地域でも飛行機に乗って蚊やウイルス保有者がやってきてそこを起点にパンデミックを起こす可能性があるかも、ですかね。

折しもブラジルといえばリオ五輪。これが。。。まああんまりいいますまい。

結局
今は蚊を殺すとか蚊に刺されないようなグッズを使うしかありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
世界的に空運などにすでに株価面でマイナスの影響が出ていると言われています。

フマキラーが今週週足陽線なのは、明らかに調子に乗った人が買ってるから。

この動き続くのか続かないのか?
今年は早めに日の予防グッズを買い占めておく???(やめんか)

0 件のコメント: