2016年1月14日木曜日

アイアコッカを思い出したのは自分だけ?

SMAPの解散騒動というかジャニーズの「お家騒動」。

自分が務めている会社も「同族」会社だからある意味では他人事ではないか。
プロパーというか現場で力を持ってきた人間と、けつぞくの争いというのはいずれ決着を付けないといけない場合もあるんだろう。

特にジャニーズの場合は現社長が88歳と高齢で「時間がない」。存命のうちに「ケリ」をつけたんだろうな。出血しても仕方がない。

豊臣秀吉は関白秀次を自殺に追い込んだし、血みどろの争いは枚挙に暇はない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新天地が一番最初に連想したのはフォードを追い出されたアイアコッカのケース。

この時アイアコッカは「別に理由はない。俺はお前が好きでなくなっただけだ」というオーナーのヘンリー・フォード二世の一言であっさりクビになっている。

どんだけ成功しても、実権を握る人間に嫌われたら、それで終わり。悔しければ自分で会社作るしか無いんだよね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アイアコッカはその後、クライスラーの社長会長を勤めさらに名声を上げた。
本人が望めば、アメリカ大統領候補者にだってなれる所まで上り詰めた。

飯島さんと「もうジャニーズに戻れない」四人の前途に幸いあれ。

0 件のコメント: