2016年1月19日火曜日

ドライブレコーダーの義務化と、事故原因の共有化を

バス事故。

一定の大きさ以上の貨物車と、多分バスのような旅客車は、「タコグラフ」の装着は義務付けられている。後で、何時間走ったとか時速どれくらいで走ったとかわかるようになってるのだ

一般に使われるのが矢崎が作ってるタコグラフ。円盤状の紙を入れると一周24時間でこういうふうに記憶してくれる、黒い波線が速度を表す。わかるだろうか。

余談。このグラフ通りに走ったとすると、休憩殆ど無いね。それじゃまずいので、架空のグラフか、交代要員のいる長距離バスだろうか。それにしては高速道路走ってないし。変なグラフではある。
もしこれ、一人で走ってたらかなりのブラック企業。
交代で使ってるタクシーの車とかかもね。

最近では「デジタコ」といって紙ではなく、電子的記録媒体に記録するタコグラフも増えてはきた。
タクシー業界では細かく加減速を見て運転手さんの運転を指導することで省エネや事故軽減を図ってる。
タクシーで今時急加速する車って少ないでしょ?
一定以上の加速すると、後でバレて怒られたりするそうな。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さすがの事故した高速バスも、タコグラフくらいは搭載されてるだろう。現場付近で
どれくらいの速度を出していたのかは多分わかると思う。。。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最近では、いわゆるドライブレコーダーも一般的になっていて、搭載は進んでいる。値段も安くなった。
しかし上記のタコと違って義務化はされていない。
ここまで安くなってきたんだし、ドライブレコーダーの義務化をするべき頃合いかもね。

ドライブレコーダーには運転手の音声とかも録音するようにすればいい。今回のような事故が何故起こったのか推測する助けにもなる。
またムリな運転をすれば記録に残る。運転手さんもムリをしなくなる抑止力になるだろう。

おまけ
一般の人も、安いのでいいのでドライブレコーダーを付けておくことをおすすめします。
なにか事故があった時に貴方の身を守ってくれるだろうからです。
本当にオススメ。

自分の会社でも、駐車場からから出てきた車が、うちの会社の車に横っ腹にぶつかり相手は「急に(うちの車が)加速しながら車線左に変えてきて避けきれずぶつかった」と主張してきたことがあります。

うちの運転手に聞いたら、最初から左車線走ってたし、荷物積んでるから60キロ低速運転しか出来ないよ、と。

ドラレコ再生してみたら、駐車場から全く停止せず車道に出ていこうとする相手の車がバッチリ映ってました。単なる無確認で道路に出て行ったと言うオチ。もちろんこっち側にに過失なし。ドラレコの映像をメールで送りつけてやりました。

あとで保険屋さんが謝りに来てました。

もしドラレコがなかったら向こうのゴネ得だったかもしれませrん。ドラレコ、決定的に身を守ってくれることがあります。



0 件のコメント: