2015年12月4日金曜日

韓国野党は分裂含み。文代表、安議員の提案蹴る

韓国の野党は「人がいません」

昔の金大中や金泳三クラスの大物がいないのはもちろん、盧武鉉のような強烈なカリスマも
いません。
安哲秀という個人人気の高い政治家もいますが、残念ながら非主流派です

(かれはもともとセキュリティソフト会社の創業者。韓国の孫正義みたいな人。ソウル大学医学部(日本で言えば東大医学部です)を卒業して勤務医になり、その時に個人的に「アンチウイルスソフト」を作成。病院を退職して起業したという異色の人です。ポスコの社外取締役に招かれたtこともあるなど経済界にもネットワークがある)

2012年の大統領選挙では第三の候補として出馬の意向を固めるも、結局野党候補であった文在寅と候補者一本化で合意。自らは立候補を止めました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その安哲秀は国会議員に当選。新政治連合という新党を立ち上げました。
紆余曲折を経て野党の民主党と統合新党を結成して今に至る、そんなわけです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかし寄り合い所帯はうまく言っていません

安哲秀はこれを打開するために執行部に「党大会」を要求。自分を含めた執行部体制で革新を行うことを提案していました。

が執行部はこれを拒否。「最後の和解案」を蹴られた旧新政治連合側は「分裂やむなし」に傾いているようです。

野党の国会議員の中では一番人気のある一人、安哲秀だけに何人の国会議員を連れて出ていけるのかが焦点になります。

0 件のコメント: