2015年12月24日木曜日

韓国の憲法裁判所

新天地は韓国ウォッチャーで行政書士です。

たまには学問的な話をしましょう。

昨日「韓国の憲法裁判所」が日韓条約の違憲性を「判断しない」判決を出して注目を浴びました。
憲法裁判所は実際にその法律や条約が具体的な争いに影響を与える場合のみ違憲性を判断するのであって、昨日の裁判の場合は直接「関係ないから」と言う理由で意見か合憲か判断するのは避けた、そう言うわけです。

今後はどうなるかわからんですね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて「憲法裁判所」、あんまり聞かないですね。日本にはありません。そして日本の現行憲法ではつくれないとされています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
三権分立という言葉は聞いたことがあると思います

行政、司法、立法。この権力はそれぞれ独立して機能することが民主主義国家の前提です。

そしてそれぞれの主体は憲法を頂点とする法体系に従うと。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
従わなければいけない、といったところで「従っているのか従っていないのか」判断する機関、その権力が定められていなければ意味がありません。それを誰が判断するのかどう判断するのか。国によって制度によって変わってきます。判断し、違憲ならそれを止めるなりかいぜんしなければいけません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
例えば日本の場合は「それぞれの裁判所」が独立して違憲性を判断します。個別の違憲の争いについて、その具体的な争いについて付随して個別に裁判官が違憲か合憲か判断するのです。

特別に合憲性を争う「憲法裁判所」はありません。これはアメリカ法的な考えで世界的にはマイノリティかもしれませんね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、韓国で(今の)憲法裁判所が置かれたのは1988年と比較的浅いんです。そう、韓国に現行の憲法裁判所が置かれたのはいわゆる「民主化」の成果といえます。それまでは「憲法委員会」というものが軍事政権のもとに設置され、「憲法判断は有名無実」化しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
もともと韓国には「憲法裁判所」があったのです。60年の「革命」で民主的な第二共和国憲法が制定されます。これにより61年4月に憲法裁判所が作られました。

しかしそのわずか1ヶ月の61年5月16日に軍事クーデターを起こした軍部(今のパククネ大統領の父、パク・チョンヒ等によるもの)が憲法裁判所を廃止。
第三共和国憲法で違憲審査権を各自の裁判所に独立して付与することにします。日本やアメリカと同じ制度ですね。

しかし、各裁判所はムリな起訴について審判を却下するなど必ずしも軍事政権に協力的ではありませんでした。あるいは国家賠償法について違憲判決を出すなど(賠償の制限が財産権をしんがいするとしたみたいですね )「反抗的」だったのです。

これらのことから軍事政権はいわゆる第四共和国憲法制定により、裁判所から「違憲審査権」を奪い、代わりに「憲法委員会」を設置します。違憲かどうかは裁判所ではなく憲法委員会が判断するので裁判所は違憲合憲を判断できないと。そしてもちろん憲法委員会は軍事政権の強い影響下にあるので最初から違憲判断なんかするわけ無いというわけです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その後、韓国でも「民主化」が進みます。軍事独裁から選挙による政権、憲法による民主的な政権運営を行おうという動きが新しい憲法制定に繋がるのです。

1987年に今の現行憲法、第六共和憲法が制定されるにあたって、当初は日本などと同じように各裁判所に違憲審査権が付与されることになる方向でした。しかしながら当の司法府の方から逆に「それでは各裁判所に負担が掛かり過ぎる」という思わぬ反対が来ます
時の政治状況では高度な政治判断が要求される違憲審査権を各々の裁判所が負担するのは責任がおもすぎるというわけです。

そこで、新しい憲法裁判所を作ることにしたのです。

各裁判所は憲法判断が必要だと考えると、審査を止めて憲法裁判所に判断を仰ぎます。
この間、各裁判所は審理を進めることが出来ません。憲法裁判所が違憲かどうか判断した後にまた審理が続くというわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちなみに、憲法裁判所の判事は九人。

韓国の裁判官の中から任命されます。任命権者は韓国大統領。
ただし、そのうち三人は国会が選出した人間、別に三人は大法院院長(日本の最高裁判所長官に当たる)が指名した人間をそれぞれ任命しなければいけません。

三権分立に配慮しているというわけです。

更に、違憲の判断は単純な多数決ではなく、賛成六人以上であることが必要とされます。「明確に違憲性が認められる」場合にのみ違憲とすることで立法府の最良を強めようと言う考え方とされています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
任期は六年、再任可。憲法裁判所の長官は大統領が任命しますが、国会(韓国は一院制)の同意が必要です。


争えるのは「法律」と明文化されています。

ので憲法裁判所が争えるのは狭義の法律にとどまらず、昨日話題になった条約や行政府などによる緊急命令でも「法律的効力」をもつものは全て対象となるとされています。

その他、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さて、韓国の憲法裁判所、よく分かりましたね。

試験には絶対に出ない(除く韓国の法学部)のでふーん、とでも思っていただければ。


ただ、日本と違って憲法裁判所を持つに至った韓国の「民主化」にも思いを馳せていただければ。。。

ちょっと真面目な韓国ウオッチでした。

0 件のコメント: