2015年12月31日木曜日

北朝鮮の良心、交通事故?で死去。

報道によれば、北朝鮮の金正恩様の側近、キムヤンゴン対南担当書記が交通事故で死去したという。72歳。

彼がどんな人物かというと先代の将軍様から対南担当の最高責任者に任命された人物。
盧武鉉と金正日の会談の立役者と言われ、首脳会談に同席されることを許された人物。
また、彼の奥さんと金正恩の実母とは仲が良く、まだ後継者として確定していないときから家族ぐるみでのつきあいがあり、金正恩しはキムヤンゴンの奥さんを叔母さんと親しみを込めて呼んでいたという。

金正恩氏を後継者にしたのもヤンゴン氏の後押しがあったとみられ、キムヤンゴン氏だけはキムジョン政権下でまったく左遷されたりしてこなかったのです。
ーーーーーーーーーー
また、政権下でもっとも南の情報を持ってる人物でもアリ、強硬派に対してブレーキをかける役目も果たしてきました。
金正恩氏に直言出来る少ない人物の一人でもアリ、彼が消えたことで、まともな判断を出来なくなる恐れが強まります。

来年以降、北と南がぶつかり合う可能性も増えたかもですね。。

あるいは北が自滅する可能性もーーー。

0 件のコメント: