2015年12月18日金曜日

産経新聞記者の名誉毀損裁判に思う

産経新聞の元ソウル支局長に対する名誉毀損問題は「予想に反して」無罪判決となった。

判決文は「なかなか良く出来ていて」検察庁のメンツを出来るだけ守りつつ、被告に対しては「全くあなたが悪く無いというわけではない」ともちょっと書きつつ結果として「大韓民国は民主主義国家だから」と高らかに宣言し「寛大な心で」あなたを「無罪にしてあげる」という判決でもある。

何はともあれ無罪判決となった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
様々な物事がからみ合って判決となった。ちょこっとでも法律に関わる人間ならものすごく面白い判決といえる。これから法律にかかわっていこうと思う人間ならぜひ判決文を読み込んでなぜこんな判決になったか考える「いい」判決文だと思うのだ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本政府、あるいは韓国政府からの「圧力」が判決に加わったのは間違いない。これを是か非か。考えるべき問題点であろう.

今回、韓国の外交部(日本の外務省に相当)は極めて異例なことに「日韓関係の改善の動きと基本条約50周年に当たる事、日本側の数度に渡る官民からの要請を法務省側に伝える」ということを行いました。裁判官はさらに異例にもそれを判決言い渡しに先立って公開しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
国際的には名誉毀損という刑事罰は廃止に向かう流れがある。(民事の賠償は別問題)
更にはソモソモ時の権力の支配下にある検察が、権力に対する名誉毀損について起訴するということは権力の乱用ではないか?という課題は当然残る。
権力に対する名誉毀損と言うのは厳に抑制されるべきという国際的な流れもあるだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回裁判所は言論の自由あるいは報道の公益性という「教科書的な」考えをストレートに使ってきた。名誉毀損において、「名誉を既存する行為」と「他人を誹謗中傷する意図」の両方が犯罪の構成要件として必要であり、今回の記事は「誹謗中傷する意図ではない」とした。

なぜなら、大統領の公人としての行動を日本に知らしめようと言う報道意図であり、セォウル号の事故という国家的事故に対して大統領がどういう行動をとっていたのかをしらしめる意図があったと。公人はそういう行動を報道されるのは仕方ないといいますか。。。たとえそれが虚偽、噂出会ったとしてもそう言う話があったんだよ、というのを伝えるのは公的関心事であり報道の範囲内で「保護される」というんですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一度判決は延期されています。
想像ですが「結論も含めて」大幅に書きなおしたんではないでしょうか?
欧米や日本の判決を読んで、それを反映させたような?そんな気はします。

よく出来た判決文。こういう答案を書きたいですねw

かけなかったから法曹になれなかったわけですがw
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
結論としては至極妥当な判決です。これから韓国の裁判が参考にする重要な判例になるでしょう。そして「なんで起訴したんだよ」と言う内省が韓国検察の中で生まれてくれるといいですね。

最終的には「検察、空気読めよボケが」という韓国政府と裁判所のつぶやきというところでしょうか

検察としては青瓦台にしっぽを振ったつもりが、めちゃめちゃ余計な事しやがってだったというオチではありました。

0 件のコメント: