2015年11月24日火曜日

磐田、J1復帰

J2の磐田がJ1復帰を決めた。
勝てば無条件でJ1復帰。引き分けか負ければプレーオフ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨年、磐田は昇格プレーオフに。引き分ければJ1昇格という試合。
後半のアディショナルタイム、相手の山形のGK,山岸にまさかまさかの屈辱の決勝ヘッド弾を浴びて昇格を逃した。屈辱の試合だった。
崩れ落ちる磐田の選手。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今年こそ、で迎えたリーグ戦最終戦、勝てばそのまま自動昇格という試合で大分を1点リード。
しかしこの土壇場で、後半45分キーパーが必死に弾いたボールを敵の大分のパウリーニョが豪快なミドルシュート。アウトサイドにかけたボールはキーパーをあざ笑うかのようにゴール左に決まります。

一瞬マークが外れたのはDFの足がとまったからか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
普通なら、みんながっくり来る所。

しかし今年の磐田は違った。
ボールを回収すると、残りのアディショナルタイムに全てをかけます。

(動画はパウリーニョの同点ゴールから始まります)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
執念が乗り移ったか。最後のシュートは大分のGK,も止めきれませんでした。
ドラマでもかけないような「くさい」結末。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
しかし。

去年、劇的ゴールを食らって立てなかった磐田。
今年は同じようなゴールをくらいながら、最後の最後まで諦めず、しかも冷静に攻め立てて決勝点を奪い取りました。

こういう所、最後まで戦うように叩き込んできた監督の規律といいますか組織の強さが結果をもたらすんだなと感動したのでありました。
------------------------------------------------------------------------------
胸トラップで一発で止めてボレー。「まぐれ」とも思える華麗なプレー。

しかし小林選手はこう語ります
「止めて、蹴る。それしか考えてなかった。いいところに停めて絶対にふかさない(上方向に蹴りあげてしまわない)ように。一年間ずっと練習してきた形だった。まぐれでも奇跡でもない。練習でずっとやってきたことが出た。奇跡じゃない、当たり前のゴールです」

言ってみたいなこのセリフ。

0 件のコメント: